道志の森キャンプ場など!道志村のおすすめキャンプ場13選

道志村のおすすめ キャンプ場13選をピックアップ。神奈川と山梨の県境にあり、キャンプ場の聖地と呼ばれている道志村。定番と言われている道志の森キャンプ場をはじめ、初心者でも楽しめるおすすめのキャンプ場を厳選しました。今年の夏は道志村でキャンプ!


アイキャッチ画像出典:なっぷ

キャンプ場の聖地!道志村とは

道志の森キャンプ場と家族
出典:なっぷ
道志村とは、山梨県と神奈川県の県境に位置する地域。北は道志山塊、南は丹沢山塊と1000m級の山々が連なっており、非常に自然豊かなエリアです。道志村の中央には
日本有数の清流、道志川が流れており、夏になるとキャンプ場に遊びにきた子供たちの声で賑わいます。

道志村は比較的に都心から行きやすいエリアであるため、夏はキャンプ場の激戦区といっても過言ではありません。キャンプ場の目星は早い段階からつけておきましょう!
まずは、道志村と言えば!定番のキャンプ場「道志の森キャンプ場」をご紹介します。

道志村の人気キャンプ場「道志の森キャンプ場」をチェック!

道志の森キャンプ場の川ぞいとバーベキュー用品
出典:なっぷ
道志みちエリアで人気No.1のキャンプ場「道志の森キャンプ場」。シャワーや水洗トイレ、炊事場、ハンガローなど施設も充実。場内には自然のプール、近隣には日帰りの温泉施設などもあるのも嬉しいポイント。サイトも広く、自分好みのロケーションを選ぶことができます。

フリーサイトであるため、広々とテントやタープを張りたい人にはオススメです!!値段も安く、とてもお気に入りなキャンプ場です。(出典:なっぷ

繁忙期は酷い混み具合になるのでおすすめ出来ません。連泊の時に買い出しの出来る店が無いのが少し残念ですがそう言う不便も差し引いても大好きなキャンプ場。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:4月1日頃~11月30日頃
定休日:なし
施設タイプ:バンガロー/フリーサイト
住所:〒402-0223 山梨県南都留郡道志村10701
電話番号:080 4444-2440
アクセス:中央道・都留ICより車で約25分
駐車場:有。大型バスOK
料金:
・1人1泊800円 より
・バンガロー1,900円より
詳細はこちら

道志上のおすすめキャンプ場(山中湖側)エリア4選

山伏オートキャンプ場

山伏オートキャンプ場のお風呂
道志川のせせらぎを聞きながら、また薪の香りを楽しみながら、なんと無料の釜風呂が楽しめるキャンプ場です。ピザ窯と燻製窯があるため、本格的なピザ作り、燻製作りを体験することもできます。

管理人さんはとてもフレンドリーでした。ここはピザ釜が(予約)あるので、是非やってみてください、オススメです。ピザ釜の威力を知りました。めちゃくちゃ美味しく焼き上がります。初めてでも管理人が教えてくれるので心配なし。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:4月下旬より11月下旬
定休日:
施設タイプ:テントサイト
住所:山梨県南都留郡道志村12753-3
電話番号:0554-52-2960
アクセス:中央道・都留ICより車で約35分
駐車場:50台
料金:大人(中学生以上)900円/子供(4歳から小学生まで)600円
詳細はこちら

スカイバレーキャンプ場

スカイバレーキャンプ場のロッジ
バンガロー、ロッジは全て水洗トイレつきと女性や、子連れには嬉しい設備。布団、その他諸々、キャンプに必要なものは借りることができるため、キャンプ用品を揃えずとも出かけられるのも〇

オーナーの方の人柄と、環境にとっても癒されます。お風呂もとても気持ちよく、リピート確実のキャンプ場です。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:4月中旬から11月30日まで
定休日:
施設タイプ:バンガロー/ロッジ/テントサイト
住所:402-0226 山梨県南都留郡道志村11754-1
電話番号:090-2231-5903
アクセス:中央道・都留ICより車で約35分
駐車場:有
料金:入場料 小学生以上700円/1人(1泊)
・バンガロー6,500円より
・ロッジ17,000円より
・テントサイト2,000円より
詳細はこちら

奥道志オートキャンプ場

奥道志オートキャンプ場の川
出典:なっぷ
綺麗な木造のバンガローはキャンプ初心者にも安心!身軽に気軽にキャンプを楽しむことができます。貸切風呂もあるため、小さなお子様がいても思い切ってキャンプにトライしてみる気持ちになれます。

都内からも比較的近くアクセスも便利でした。キャンプ場内には道志川が流れていて、深いところでも大人のふくらはぎぐらいなので、小さな子供も楽しく遊べ自然を満喫できます。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:およそ4月中旬ごろ-11月中旬ごろ
定休日:
施設タイプ:テントサイト/バンガロー
住所:402-0228 山梨県南都留郡道志村12637番地
電話番号:0554-52-2027(予約先)/090-8817-5035(携帯)
アクセス:中央道都留ICより、30分(24Km)
駐車場:有
料金:小人600円、大人800円/1人(1泊)
・テントサイト 2000円
・バンガロー 7,000円より
詳細はこちら

とやの沢オートキャンプ場

とやの沢オートキャンプ場のテントサイト
出典:なっぷ
バンガローが5棟あるため、ただただのんびりしたい!という方はテントを張る手間を省きバンガローを選択するのも〇無料のヒノキ風呂に入れば、さらにリラックスできること間違いなし!

予約なしで行ったにもかかわらず快く受け入れて空いていたサイトを貸してくださいました。とてもよいオーナーさんとその奥さんでした。タープ初心者で張れなくて困っていたら助けてくださったり、子供に美味しい蒸かし芋をくださったり、帰宅の際のお見送りも丁寧に車まで駆け寄ってくれて優しさに溢れていて実家に帰ってきたかのような気持ちでいっぱいになりました。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:4月中旬〜11月下旬
定休日:
施設タイプ:テントサイト/バンガロー
住所:〒402-0228 山梨県南都留郡道志村12433
電話番号:0554-52-1610
アクセス:中央道・都留ICより車で約45分
駐車場:45台
料金:入場料 子供700円、大人900円/1人(1泊)
・テント 2,000円
・バンガロー 8,000円より
詳細はこちら

道志中部のおすすめキャンプ場(山中湖側)エリア3選

久保キャンプ場

久保キャンプ場の施設外観
出典:なっぷ
直火ができる!というだけでも行きたいキャンパーは多いはず。それ以外にも持ち帰る人がいるくらい美味しい水に、きれいな露天風呂、大人数で泊まれる24畳のバンガローと魅力がいっぱいです。
【基本情報】
営業期間:
定休日:
施設タイプ:テントサイト/バンガロー/丸太小屋
住所:402-0203 山梨県南都留郡道志村久保2447
電話番号:0554-52-2397
アクセス:圏央道・相模原ICから国道413号経由約40分
駐車場:有
料金:大人500円、子供(小学生以下)300円
・駐車場1台1,000円、バイク1台500円/1泊
・テントサイト 3,000円より
・バンガロー6,000円より
・丸太小屋5,000円より
詳細はこちら

オートキャンプinむじな

オートキャンプinむじなの入口
テントサイトは広く、木立で適度に遮られていてプライベートを存分に楽しむことができます。横浜市民は「横浜市民優待サービス」が利用できるため、申し込みをお忘れなく!

サイト自体は3連休にもかかわらず2サイト分をまとめて使用させてもらえたようです。余った部分で子供とサッカーができたくらいです。場所によっては最新トイレも完備されているようです。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:4月25日から11月30日まで
定休日:
施設タイプ:キャンプサイト/トレーラーハウス
住所:〒402-0221 山梨県南都留郡道志村道志9707
電話番号:0554-52-2077
アクセス:中央自動車道都留I.C 30分(20km)
駐車場:60台
料金:大人700円、子供500円/1泊
・オートキャンプ1台1,000円
・駐車料金1,000円
・トレーラーハウス6,000円
詳細はこちら

花の森オートキャンピア

花の森オートキャンピアのプール
フィンランド製のログハウス・キャビンをはじめとし、温水ジェットプール・ジャグジーなど設備が充実しているキャンプ場となっています。冬も営業しているため、四季を通してキャンプを楽しめます。

以前、家族で利用させていただきましたが、風呂やトイレがとても綺麗で快適な2日間を過ごさせて頂きました。その他にも、道の駅道志まで歩いてすぐなので、ちょっとした買い物は、助かりました。また、プールやじゃぶじゃぶ池があるので、子供達はとても楽しんでいました。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:3月初旬から次年の1月初旬
定休日:
施設タイプ:テントサイト/キャビン/コテージ
住所: 〒402-0221 山梨県南都留郡道志村上中山9709-1
電話番号:0554-52-2776
アクセス:中央自動車道都留I.C 35分
駐車場:有
料金:
・オートキャンプ 車1台4名入浴込5,500/1泊
・キャビン12,100円より
・コテージ22,000円より
詳細はこちら

観光農園キャンプ場

観光農園キャンプ場と家族
出典:なっぷ
5月から10月にかけてはニジマス・ヤマメのつかみどり。夏には蛍鑑賞、秋には栗拾い、テニスコートや生き物の住処になっている池など、イベントや遊び所満載のキャンプ場です。

川のせせらぎが聞こえてテントサイトに小川が流れ、癒されます。釣り堀テニスコートもあり楽しめますね(それぞれ別利用金)(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:
定休日:
施設タイプ:テントサイト/バンガロー
住所:〒402-0217 山梨県南都留郡道志村9240
電話番号:0554-52-2365
アクセス:中央自動車道都留I.C 30分
駐車場:有
料金:大人700円、小人(4歳以上)400円/1人
・テントサイト1,000円
・車 1,000円/台
詳細はこちら

道志下のおすすめキャンプ場(相模原側)エリア4選

道志渓谷キャンプ場

道志渓谷キャンプ場の川
出典:なっぷ
オーナーが自らの手で作った岩風呂は露天風呂でもあり、光名石を使った人工温泉になっています。家族や友達とのんびり大自然を堪能しつつ風呂につかることができます!横浜市民は優待サービスあり。

キャンプ場オーナーの手ずくり岩風呂もそれはそれはすばらしく大満足でした!現在6歳の息子は今でも時々そのお風呂の事を話します。必ずもう一度行きたいです。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:3月1日 ~ 12月11日まで
定休日:
施設タイプ:テントサイト/バンガロー
住所: 〒402-0201 山梨県南都留郡道志村43
電話番号:042-787-0088
アクセス:
駐車場:有
料金:
入場料(1泊)
・大人(高校生~)600円
・子供(4歳~中学生まで)400円
・幼児(3歳まで)100円
・高齢者(70歳以上)300円
・障がい者半額
区画料、宿泊料
・テントサイト1,000円より
・バンガロー10,000円より
※ ペットは無料
詳細はこちら

ニュー田代オートキャンプ場

ニュー田代オートキャンプ場のテントサイト
出典:なっぷ
わさび狩り体験ができるというめずらいしキャンプ場です。取り立てのわさびを食べるメニューを考えていくとより楽しく美味しいかもしれません。秋には紅葉も見事で、キャンプ場までの道のりはもちろん、サイト内でも見ることができます。

隣接するオムに比べればこじんまりしてますが、それだけにゆっくり過ごせるキャンプ場です。シャワーは24時間無料(!)、トイレも清潔、シンクもところどころに設置されており設備は申し分ありません。冷蔵庫もあります。賑やかで大規模なキャンプ場には無い、落ち着いた雰囲気のキャンプがしたい方にお勧めしたいと思います。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:4月~11月
定休日:
施設タイプ:テントサイト/バンガロー
住所:〒402-0208 山梨県南都留郡道志村5910
電話番号:090-7713-8364
アクセス:中央道・相模湖ICより車で約50分
駐車場:有
料金:大人700円、小学生以下500円/1人(1泊)
・テントサイト1,000円
・バンガロー6,000円より
詳細はこちら

両国橋キャンプ場 湯川屋

両国橋キャンプ場 湯川屋の川沿い、バーベキュー風景
出典:なっぷ
とにかく川がきれい!と評判。民宿もあるため、トレイルランの大会に参加するためにこの場所を選ぶ人も。夏は川遊び、春はお花見、秋は紅葉、冬は雪景色と1年を通して楽しめるキャンプ場です。

他のキャンプ場と比べてもとにかく川がものすごくキレイです!人気があるので、子供の夏休みシーズンは混んでいる印象です。(出典:なっぷ

【基本情報】
営業期間:通年
定休日:年末年始
施設タイプ:テントサイト/バンガロー/民宿
住所:〒402-0201 山梨県南都留郡道志村49
電話番号:042-787-2250
アクセス:相模原ICより30分
駐車場:150台。マイクロバス・観光バス駐車可
料金:中学生以上600円 4歳~小学生400円 3歳以下100円
・テントサイト1区画2,000円(繁忙期以外は1,500円)
・バンガロー 5,000円より
・民宿1泊2食つき 大人(中学生以上)6,300円/子供(4歳~小学生)5,300円
詳細はこちら

大栗オートキャンプ場

フリーサイトなので、好きな場所を選んでテントを張ることができます。場内にある川は腰の高さほどなため、子供を安心して遊ばせられます。川遊び、山遊びを堪能することができるキャンプ場です。
【基本情報】
営業期間:3月1日~11月30日
定休日:
施設タイプ:テントサイト/バンガロー
住所:〒402-0207 山梨県南都留郡道志村5334
電話番号:0554-52-2145(自宅)/0554-52-2588(キャンプ場)
アクセス:中央道・都留ICより車で約35分
駐車場:30台
料金:大人(中学生以上)800円、子供(小学生まで)600円/1人(1泊)
・テントサイト1,000円
・バンガロー5,000円より
詳細はこちら

大人も子供もベテランも初心者も道志へGO!

道志川沿いの家族
出典:なっぷ
道志みちエリアにあるキャンプ場は、基本的には川と山のどちらも楽しめ、選択肢がたくさん。遊びの種類やお風呂のタイプ(露天風呂か岩風呂かなど)で選ぶとよいでしょう!子供はよく遊んでぐっすり。大人は夜にまったり。初心者はバンガロー、ベテランはフリーサイトと、あらゆるニーズに応えられるキャンプの聖地です。

 

Holy place for camp, Doshi Village!
キャンプの聖地、道志村

関連する記事

とやの沢オートキャンプ場で撮影したギターやテーブル
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Yuko

フリーランス翻訳家兼ライター。5歳でキャンプデビュー。年に1回はキャンプに行くことを目標にしている。両親からいずれキャンピングカーを譲り受ける予定。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE