A-suke流「アウトドア ダンディズム」#05:ナイフって何でこんなに値段が違うの?

東京の水道橋にあるアウトドアをコンセプトにしたカフェ&バー「BASE CAMP」を営む傍ら、「男前キャンプ」と題したイベント活動も行っているA-sukeさんの連載がスタート。第5回目はナイフの素材について勉強してみましょう。


どんなナイフを買えばいいのか?最終章は、「素材」の話

_abc1939
第5回はとうとう「どんなナイフを買えばいいのか?」の最終章。前回まではナイフの構造を知ろうという内容だったけど、今回は「素材」について解説したいと思います。

ナイフを購入しようとしたことのある人はおそらく思ったんじゃないかな。「なんでこんなに値段が違うの?」と。その答えの半分はこの「素材」にあるんだ。それは例えば普通のナイロンのジャケットとGORE-TEXのジャケットの値段に差があるのと同じこと。

ナイフも同じ形でも素材が変わると値段が変わる。ナイフの値段に大きく影響を与えるのは主にブレードに使う金属とハンドルに使う素材。ハンドル材もブレードの金属の種類もすごく多くて、それでいて見た目はほとんど変わらないことも多い。でも今回は難しいことは後回しにして、シンプルに考える方法を教えたい。

まずはブレードの素材はすべて鉄だってこと。鉄にいろいろ加えてナイフの材料となるのだ。で、その素材は大きく分けると2種で「ステンレス」と「炭素鋼」。簡単でしょ?もう1個覚えるなら「ダマスカス鋼」を覚えると知識に厚みが増すよ。


「ステンレス」

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%82%b9
一番の特徴は錆びにくいこと。錆びにくいだけで手入れをさぼれば錆びるので注意が必要。それでも錆びにくいのは、アウトドア用の刃物としてはとても重要。なぜなら、錆びがないってことは衛生的であるということ。特にキャンプなんかだと調理もしますから、重要な要素です。

それと切れ味の「持続」という意味でもステンレスは優れていることが多い。ステンレスはマラソンランナー。瞬間的な切れ味では炭素鋼に劣るけど持続性がいい(ナイフ業界では刃持ちがいいなどといいます)。毎日研ぐ板前さんじゃない多くの人には魅力的な特徴だよね。

大衆車と高級車の値段の差が見た目だけでなく性能にも反映しているように、ステンレスも値段差もあれば性能差もある。高いのがいいかというとそれも車と同じで一概には言えない。刃物用のステンレスにはそれはそれはたくさんの種類があるんだけど、マニアックな世界ですのでココでは説明を控えます。しかしどんなステンレスを使っていてもとりあえずナイフとして売ってるわけで、使い物にならないことはないはず。でも、ステンレスといっても値段も性能も「とても差がある」ということは頭の片隅に入れておくといいだろう。

「炭素鋼」

%e7%82%ad%e7%b4%a0%e9%8b%bc
一般的に鋼(はがね)とだけでも呼ばれ、由来は予想通り「刃金」。鉄に炭素を多めに混ぜた合金ですので炭素鋼という。この素材の特徴は「錆びる」「切れ味がいい」「研ぎやすい」。

ステンレスがマラソンランナーなら炭素鋼はスプリンター。切れ味は鋭いですがすぐに鈍る。でも研ぎやすいんだからスプリンターだけど回復が早いということ。よく手入れをして使う方には向いていますね。

あ、それと安いものが多いのも特徴。安いので気兼ねなく使えるのはいいですね。研ぎも覚えたいなら一石二鳥ですな。

「ダマスカス鋼」

%e3%83%80%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%b9
金属を積層して木目のようなマーブル模様を浮かび上がらせた鋼材でなんと言っても「見た目」が美しいのが特徴。中身はステンレスの場合も炭素鋼の場合もあり、性能は使っている鋼材に依存するので何とも言えませんが、一般的には実用よりも見た目重視。作るのがどうしても手作りなので高額!

どちらにも属さないセミステンレスとかもあるけど、それはステンレスと炭素鋼の中間的な素材だと思えばいい。帯に短したすきに長し。でもぼくはこの手が好きなんだ(笑)。


ハンドルについても説明します

それからハンドル材も説明しよう。

まずハンドル材も大きく分けて「人工素材」と「天然素材」の2種類。どちらもほとんどは硬くて変形しにくいものが使われている。コストが思った以上に高いのもこの部分。安いナイフは鋼材もだけどハンドル材が安い素材なことが多い。

「人工素材」

個体差がないのが大きな魅力。ナイフのハンドルに使われる人工素材は一般的なプラスチックに比べるとコストも高く非常に堅牢で一生の使用にも耐えるものが多い。

%e4%ba%ba%e5%b7%a5%e7%b4%a0%e6%9d%90マイカルタ、G10
布や紙、ガラス繊維などに樹脂を染み込ませて圧縮して固めた素材で、非常に硬く水にも強いナイフのハンドル材としては非常に優秀。一般的なプラスチックよりも見た目も美しく高級感があり、比較的高価な人工素材なんだよね。

アルミ、チタンなど軽金属
フォールディングナイフにはよく使われる。いい素材だが温度が冷たい。冬に使うとなると考えてしまうかな。

その他いわゆるプラスチックといわれるほどの弱い強度のものやゴムのように柔らかいモノも使われます。コストや感触などでいい部分もありますが長い目で見ると耐久性がなく「一生の道具」が欲しい方には向かない素材。

「天然素材」

吸水性などにより伸びや縮みが起きやすく、個体差は大きい。しかしすべての素材がオンリーワンで、人工素材にはなかなか作れない雰囲気を持っている。希少性から高価なものが多い。

%e5%a4%a9%e7%84%b6%e7%b4%a0%e6%9d%90ウッド
値段がとってもピンキリ。高いものはホントに高い。ほとんどは非常に硬くて重い木で、一般的な木と比べると水分による伸びや縮みなどは少ない。木目が違うからじっくり選びたい。

動物の角
鹿の角が有名。そのほかにも羊や水牛などがよく使われる。鹿の角は非常に硬いが角の状態によって全然違ってしまう。近年特に値段が高騰している。羊や牛は比較的柔らかく感触がいいが経年変化が起きやすい。こちらも模様に個体差が大きい。

動物の歯
象牙やクジラの歯など。硬くいい素材だが希少性が高く高価。温かみはあるが目に見える個体差は少ないかも。

貝やサンゴ
アワビや白蝶貝などが代表的。おもに装飾的に使われる。

レザー
ワッシャー上の皮を積層したハンドル。ナロータングでしか使用できないノスタルジーな見た目のハンドル材。

素材だけでも売っているので「ナイフ 鋼材」や「ナイフ ハンドル材」などで調べてみるとナイフの素材が意外なほど高価だってことに気付くと思う。もちろん個人が買うような少量だから高いっていうのもあるが素材の値段は結構するのだ。

それから値段のもう半分は生産国によるところが大きい。中国やパキスタンなどは安く、アメリカや日本は高い。人件費もあるしクオリティの差もある。アメリカメーカーの高級ナイフの製造が日本の工場だったりすることもあるのだ。日本刀を生んだ日本には世界一のナイフを製造できる工場と職人が存在しているってこと。日本刀という刃物文化があって、世界に通用するナイフ工場があるというのに、日本のアウトドアではナイフが衰退していくなんて皮肉なもんだ。せっかく日本でアウトドアをやってるんだからぜひみんなにmade in JAPANのいいナイフをアウトドアで使ってもらいたい!
A-sukeのこれまでの記事はこちら

関連する記事

%e6%89%89002
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
A-suke

アウトドアカフェ「BASE CAMP」代表、「男前キャンプ」主宰。東京・水道橋にアウトドア好きが集まるカフェ「BASE CAMP」では、イベントやワークショップなども行う「楽しい」お店を目指している。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE