『BESPOKE HUNTING BOOTS』~質実剛健、フルハンドメイドのビスポーク靴~

雑誌「HUNT」とのコラボレーション企画第16回。HUNT編集部がブーツ専門のビスポークシューメーカー『T.Shirakashi』への取材した際の記事を紹介します。

比類なき、妥協のない靴づくり

ある日、HUNT編集部の電話が鳴った。電話の相手は、カントリースタイルを追及した、ブーツ専門のビスポークシューメーカー『T.Shirakashi』を主宰する白樫徹哉さん。

hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_002
白樫徹哉さん
元グラフィックデザイナーという異色の経歴を持つ靴職人。30代でビスポーク靴に感銘を受けて脱サラ。専門学校を出た後、紳士靴職人に師事。2015年にT.Shirakasiを立ち上げた。
http://www.shirakashi.jp/

その電話の内容とは、彼の作るブーツをフィールドで履いてくれる人を探しているというものだった。ネタに飢えたHUNT編集部としては、これは願ってもない機会。すぐにサンプルを見せて頂く運びとなった。

……ゴトンッ。白樫さんがシューバッグから取り出したのはロングシャフトのレースアップブーツ。ヨーロッパの服装史的な本でしか見たことのないような、見事な靴だった。「実際に野山歩く事を想定してつくったもので、こんなに長いブーツをビスポークで作っている所は国内では他にないと思います。このようなハンティングブーツをどなたかにお仕立てして、実際に使って検証して頂き、改善点などをフィードバックして欲しいのです」 編集部がフィールドテスターとして選んだのは、弊誌ではお馴染み、鳥類保護連盟の室伏友三さん。野鳥観察で日々山に入っている室伏さんなら、きっとこのブーツを履きこなしてくれるだろうと考えたのだ。

通常T.Shirakashiでは、採寸とデザイン決定の相談をした後、数か月をかけて木型、仮縫い靴の制作を行い、仮縫いのフィッティング。その後数か月かけて本制作に入るという工程を踏むため、採寸から納品までは約3~6か月の時間を要する。

今回は、最初の採寸とデザインの打ち合わせの為、座間にある白樫さんのアトリエにお伺いした。



hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_001
白樫さんが手掛けたハンティングブーツのサンプル。美術品のように美しい姿だが、これを実際に使ってほしいという事で、野鳥研究科の室伏さんに白羽の矢が立ったのだ。

hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_004 トリッカーズやオールデンも愛用している室伏さんだが、ビスポークシューズを作るのは今回が初めての体験だという。

hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_003
「ビスポークシューズってこんなに細かく採寸するんですね。左右の足でこんなに違いがあるのかとビックリしました」

hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_011 毎週10キロのランニングをこなし、毎月富士登山をしている室伏さんの健康的な足を、甲の高さまで細かく測定。左右で違う足をどう靴に収めるかが腕の見せ所。

hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_006 加齢とともに普通は偏平足気味になるが、室伏さんは土踏まずのアーチがしっかり出ていることがわかる。この後、シャフト部分にあたるふくらはぎも測定した。



hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_007 ずらっと並ぶのはイギリス製のコテ。これはアイロンのように熱して革に蝋を浸透させるためのもので、靴職人に欠かせない道具の一つ。

hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_008 ソールにはイギリスの老舗タンナーJ&Fベイカー社が手がけるオークバークという耐久性に優れたレザーを使用。硬く、縫い合わせる時は泣きたくなるほど大変だとか。

hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_009 参考にしている昔イギリスで出版されたブーツ作りの教科書。今では使われなくなった縫い方や素材選びのポイントなど、勉強になることも多いという。

hunt12_%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba_005 T.Shirakashi定番のアンクルブーツはクラシカルな9ホール。同モデルは42万円〜で仕立てることが可能(専用シューツリー付)。

「一般的なビスポークは、履く人の好みやスタイルでデザインを決定しますが、カントリーブーツの場合はデザインからでなく、どんなフィールドで使いたいかという、用途を聞いて作り上げていきます。ドレス靴より、ブーツの方が運動することを考えて作られているので、知られていないですが、実はブーツ程ビスポークにした方が良いんですよ」

相談の上決まったのは、ストラップ仕様ハンティングブーツ。アッパーにはベジタブルタンニンレザーを使用。ソールは通気性を考えたレザーにすることが決まった。これから仮縫いが行われ、実際にブーツが生まれていく。次回は仮縫いフィッティングの模様をお伝えする予定だ。

写真: Soichi Kageyama 文: Junpei Suzuki

同記事掲載の号はこちら!テーマは「クルマとカメラ」
HUNT VOL.12
ITEM
HUNT VOL.12
最新号はこちら!テーマは「ニッポンのブランド」

紹介されたアイテム

HUNT VOL.12

HUNT VOL.12

¥1,069 税込

HUNTVol.14

HUNTVol.14

¥1,080 税込

HUNT編集部

HUNTは自然を愛し、モノを大事にする大人に向けたライフスタイル&ファッションの雑誌。アウトドア趣味を楽しむ方や、山暮らしの達人を取材し、往年のアウトドアにヒントを得た男心くすぐる洋服やギアも多数紹介する。雑誌は2月、5月、8月、11月の月末に発売!