開放的すぎる!長野県・戸隠キャンプ場、その3つの魅力とは?

戸隠キャンプ場の魅力紹介!コテージやバンガローを備え、温泉とスーパーが周辺にあり、釣りもできます。戸隠キャンプ場のフリーサイトと企画サイトは良い口コミが多く、本当に開放的なキャンプ場と言えるでしょう。戸隠キャンプ場の魅力を3つお届けします!


アイキャッチ画像出典:戸隠キャンプ場公式Facebook

長野県の戸隠キャンプ場は最高のロケーション!

13240488_1269765433041571_8173975787309181583_n
長野県の標高1200mの高原に位置する、美しい芝サイトが魅力のキャンプ場が戸隠キャンプ場。ドッグランや乗馬体験なども備えた広大な施設で、開放的な気分になれること間違いなし。いわゆる流行の高規格キャンプ場と言えるでしょう。

コテージも充実!

2017-02-12-17-17-47
初めてのキャンプで少し不安、という方はコテージという選択があります。戸隠キャンプ場のコテージは6人用が6棟用意してあります。

<戸隠キャンプ場・基本情報>
住所:〒381-4101 長野県長野市戸隠3694-1
アクセス:
【車】
上信越自動車道 信濃町IC下車 約30分
【電車】
JR長野駅下車 川中島バス 戸隠キャンプ場行 約60分
電話:026-254-3581(4月下旬~10月下旬)
※2017年の予約開始は4月上旬の予定。(シーズンオフ中は戸隠スキー場に電話が転送されます。)
営業時間:未定(2017年2月現在)。詳細は順次ホームページにて公開予定。
料金:オートキャンプ 3,000円~
繁忙期料金:オートキャンプ 4,500円
詳細はこちら


戸隠キャンプ場の気になる口コミは?

5月後半に2泊利用しました。昼間は暖かく、暑すぎず、ミズバショウと新緑にかこまれ気持ち良い環境でした。テント泊はフリーサイトで、好きな場所を選べます。ほかの利用者さんもいましたが、ほぼ視界に入らない位置に陣取り、昼間ものんびりできました。夜は肌寒く感じましたが、焚き火が心地よいです。バードウォッチングの人やトレッキングの人がたまに通ります。

牧場はまだやっていませんが、朝散歩に行ったら、戸隠連峰が近くて、とてもきれいでした。山に囲まれた高原で、人工物がほとんど気にならないです。おそばも美味しいので、お昼は外に出るのも楽しいです。(出典:なっぷ

15年8月にグループサイトで知人宅と行きました。
以前にも区画サイトで景色とサイトの広さ、設備が気に入っていたので、2度目の訪問です。真夏なのでさすがに日中は暑かったですが、夜はちょっと冷え込むぐらいで焚き火がいい感じに楽しめるのはこの標高ならではかと。

また星空はちょっとしたプラネタリウムより遥かに空が近い、星が多い、手が届きそう!といつも都心の空を見ていると本当に感動です。
さらに場内のお蕎麦屋さんも安くて美味しくとてもリーズナブル、売店のトウモロコシも超甘い!と美味しい思い出いっぱいです。もしかして食材控え目でここで食事という手もありかも(笑)

もちろん周囲は大自然で景観抜群な上、サイトも申し分なく広く、キャンプ道具を披露するには絶好の場所、ですね。距離さえ無ければ毎回行きたいな、というオススメキャンプ場です。(出典:なっぷ

戸隠キャンプ場の魅力その1 広いフリーサイト・区画サイト

2017-02-12-17-27-43
区画サイトは100㎡もの広さを占有できます。事前予約優先なので、繁忙期は渋滞や時間をあまり考慮することもなく、安心でしょう。電源水道付きのサイトも8区画あります。
10537302_885047494846702_1337521961740908052_o

そして、なんといってもフリーサイトの広さは特筆すべき点。当日受付がされているので、連休でも込み合いますが繁忙期でも朝早く出かければまず入れないということはないようです。

もちろん周囲は大自然で景観抜群な上、サイトも申し分なく広く、キャンプ道具を披露するには絶好の場所、ですね。距離さえ無ければ毎回行きたいな、というオススメキャンプ場です。(出典:なっぷ

戸隠キャンプ場の魅力その2 子どもが飽きない施設の充実さ

10497020_870992892918829_3350435856372313267_o
ウサギやモルモットと触れ合えるふれあい動物広場、戸隠牧場、浅瀬の清流など、子どもが飽きない施設が盛りだくさん。基本的に土日祝日にはなりますが、イベントにも充実。

例えば2016年では「親子チャレンジクッキング」「魚のつかみ取り&炭火焼体験」「親子釣り教室」が開催されるなど、とにかく遊び、体験には困らないキャンプ場です。

今まで数回行ってます。広いフリーサイトは当日朝受付なので、急に行く事が多いうちには、助かります。また繁忙期もここはもってこいです。毎回朝早くに着くようにしているので、着いてからはのんびり過ごせます。子供たちは、川遊び、歩いて行ける牧場で飽きずにずっと遊んでます。周辺には戸隠神社奥社、中社、鏡池、忍者村、からくり屋とみる所が沢山あります。管理棟の方々はみなよい人ばかりです。また行きたくなるキャンプ場で、おすすめです。(出典:なっぷ

 まず、近くに牧場があったのでゆっくり散歩をしました。ウサギ、ヤギ、牛など普段都会では触れ合えない動物達と触れ合えて子供達に大好評でした。しかし牧場にはアブなどの虫が沢山飛んでいたので早々に退散しました。(出典:なっぷ


戸隠キャンプ場の魅力その3 トイレ、水回りがきれい

2017-02-12-21-40-44
気になるのが、トイレや水回りのきれいさなど。ここで実際に利用されれた方の声を見てみましょう!

場所はとても自然が豊かで、近くには川が流れており、子供をつれていったのですが、水遊びをとても楽しそうにしていました。トイレは何件か近くにありとてもきれいでした。また、シャワールームもあったので泊まりでも重宝しそうです。(出典:なっぷ

7月の連休に行きました。事前に予約が出来る区画サイトにしました。予約スタート当日、なかなか電話が繋がらなくて、昔のコンサートチケットを取るときの事を思い出しました(笑)
でも行ってみて、人気の理由がわかりました!広大な敷地の中に、動物がいたり、水遊びが出来たりととっても楽しめました‼シャワーやトイレもキレイです。何より星がきれいで感動しました。また行きたいです☆(出典:なっぷ

戸隠キャンプ場の周辺情報~温泉・釣り・スーパー~

戸隠キャンプ場周辺~温泉~

【神告げ温泉「湯行館(ユニーク館))】
2-100
戸隠地区で唯一の日帰り温泉施設。戸隠キャンプ場からは車で10分という距離が魅力的!夏はキャンプ場から、冬はスキー場からの立ち寄りに、広々とした湯船でリフレッシュ。

おみやげになるような、旬の地場産野菜や果物も販売。また地粉十割の手打ちそばが食べられる食事処「安兵衛」もあります。

【いこいの村アゼィリア飯坂】
yu-img01

戸隠キャンプ場からは車で20分の距離。日帰り入浴は11時~20時までなので、比較的時間を気にせず立ち寄ることができます。サウナや湯上り処にあるマッサージチェアなども利用することが出来る。大きなガラス張りの大浴場は、開放的で気分爽快。


戸隠キャンプ場~釣り~

13123323_1258048840879897_3006336367655220226_o
魚釣りには、キャンプセンターで販売(日釣り券1,000円)している入漁券が必要。ちなみにキャンプ場外の釣りにも入漁券は必要です。釣りざおのレンタル(1日1本600円)もあり。餌の販売はないのでご注意下さい。

戸隠キャンプ場周辺~スーパー~

【第一スーパー古間店】
キャンプ場から20分程度の距離。キャンパー用の食材が豊富。食材や炭、花火など一通り揃えることができる。トイレもあるので買い物時に立ち寄ることも可。近辺にはファッションセンターしまむら、セブンイレブン、コメリ、ガソリンスタンドがあります。
住所:長野県上水内郡信濃町古間841
電話:026-255-3061
営業時間: 9:30〜19:30
定休日:不定期休日有

【地酒処 越後屋酒店】
季節ごとの蔵出しの日本酒を中心に豊富な品揃え。食材の取扱はありませんが、お酒の好きな方におすすめ。周辺には食材を扱っている店もあり、蕎麦屋もたくさんあります。
住所:長野県長野市戸隠中社3488-2
電話:026-254-2315
営業時間: 7:30~19:30(19時頃に閉店する時もあるようなので電話確認すると確実)
定休日:定休日なし


戸隠キャンプ場で大人も子どもも大満足

t1_image
出典:なっぷ
ロケーション抜群の中、隣を気にせずテントを広げられる広大な敷地面積。キャンプギアを思う存分さまざまな角度から楽しめます。しかもフリーサイトは予約なし!

設備も行き届いている戸隠キャンプ場。大人も子どもも楽しめる素敵なキャンプ場です。信州の味覚を味わいながら、綺麗な星空を楽しめるのもまた魅力の一つです。

 

Enjoy the best location at Togakushi campground!

戸隠キャンプ場で最高のロケーションを楽しもう!

関連する記事

13958273_1346972568654190_1985203502534554442_o
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
野口理加

短大を卒業後に、さまざまな職業を経験しながら、カメラマン兼WEBデザイナーとして妊娠するまで従事。現在は2児の母。育児をしながらライターの仕事をしています。数年前からキャンプを家族の趣味として楽しんでいます。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE