ノルディスクのテント「アスガルド」の種類と失敗しない選び方

ノルディスクの人気テント「アスガルド(asgard)」の種類と選び方について紹介。アスガルドには7.1、12.6、19.6と3つ種類があり、その差はかなりのもの。アスガルドの特徴や、種類に合わせた選び方を理解し、後悔のない買い物をしましょう!


ノルディスクのテント「アスガルド」とは?

ノルディスクのアスガルドで冬キャンプを楽しんでいる風景
ノルディスクはデンマーク生まれの老舗アウトドアブランド。アスガルドに限らず、ノルディスクのテントは極寒の地・北欧で使用することを基準にしており、雨風はもちろん雪にも強い頑丈な設計になっています。そのため、今話題のグランピングにも「アスガルド」をはじめノルディスクのテントが多く使われています。

ノルディスクの「アスガルド」3つの特徴

ノルディスクのアスガルドを組み立てた状態
アスガルドは、他のノルディスクのテントとは違う特徴があります。まずはアスガルドならではの特徴をここでチェックしておきましょう!

①悪天候に強い!テクニカルコットン素材

ノルディスクのテントはコットン素材(綿)のものが多いのですが、アスガルドの生地は保温性と透湿性に優れたコットン素材に、耐水性のあるポリエステルを混紡した「テクニカルコットン」を使用しています。

そのため耐水圧350mm(ポリエステル素材のテントの場合は1500mm)でありながらも、撥水効果が高く、よほどの豪雨でない限りはテント内にしみ込んでくる可能性は低いでしょう。


②設営はカンタン!ペグダウンとポールを1本立てるだけ

アスガルドは、ワンポール式と呼ばれるテント。数種類のポールを使うドーム型のテントに比べて組み立て方は単純で、ペグダウンでテントを地面に固定させた後、一本のポールを中央に設置するだけです。

③コットン素材で夏も快適!

夏場は暑そうなイメージが強いアスガルドですが、生地に使用されているコットン素材は透湿性が優れているため、空気をよく通してくれます。またベンチレーションや窓が複数あるので、風がテントの中を循環し、快適な空間をつくってれます。

ノルディスクのアスガルドの中で薪ストーブを楽しむ男性
冬キャンプを考えている方が気になるのは、やはりテント内に入れる暖房器具。アスガルドはコットン素材は火に強く、多少の火の粉ならテントに穴が開くことはほとんどないでしょう。そのためにテントを加工して薪ストーブを設置し煙突を出して使用する方もしばしば…。

しかし基本的に、テント内では火気厳禁!仮に使用しなければならなくなったとしても、定期的に換気をして一酸化炭素中毒を防ぎましょう。その場合は、規定以上になると知らせてくれる一酸化炭素感知器は必須です。

ノルディスクの「アスガルド」は全部で3種類

ノルディスクのアスガルドのモデル
ノルディスクのアスガルドには、【7.1】【12.6】【19.6】の3タイプのテントがあります。これらの数字はテントの大きさを表しており、人数によって使用するタイプが異なってきます。

アスガルドの場合、テントの定員から1人分引いたぐらいの人数のほうが、1人1人余裕のあるスペースを確保することができます。

例えば、定員が3名のアスガルド7.1なら、カップルやご夫婦など2人で利用するほうがより快適に過ごすことができます。

 ◆ノルディスクのアスガルド【7.1】は3人用のテント

【基本情報】
商品名:NORDISK(ノルディスク) テント アスガルド 7.1
使用サイズ:横3×奥行2.65×高さ2m
収納サイズ:横30×縦97cm
重量:15.5kg
定員:3人
使用ペグ数17本(付属)
Nordisk ノルディスク アスガルド 7.1
ITEM
Nordisk ノルディスク アスガルド 7.1

◆ノルディスクのアスガルド【12.6】は6人用のテント

【基本情報】
商品名:NORDISK(ノルディスク) テント アスガルド12.6
使用サイズ:横4×奥行3.75×高さ2.5m
収納サイズ:横37×縦114cm
重量:16kg
定員:6人
使用ペグ数:25本(付属)
ノルディスク アスガルド 12.6
ITEM
ノルディスク アスガルド 12.6

◆ノルディスクのアスガルド【19.6】は10人用のテント

【基本情報】
商品名:NORDISK(ノルディスク) テント アスガルド19.6
使用サイズ:横5×奥行4.7×高さ3m
収納サイズ:横42×縦116cm
重量:20 kg
定員:8~10人
使用ペグ数26本(付属)
ノルディスク アスガルド19.6
ITEM
ノルディスク アスガルド19.6

キャンパーさんが感じたアスガルドの使用感は??

ノルディスクのアスガルドの出入り口
ノルディスクのアスガルドを利用したキャンパーさんたちが、テントの設営方法から、実際に使ってみて感じた使用感などをわかりやすく紹介しています。

冬場でもアスガルドなら大丈夫?

わたしが使用したのが、もっとも結露をする冬場でしたが、幕内は結露がゼロでした。朝起きてすごく感動しましたよ。朝起きて結露を拭くことがなかったので非常に楽でした。(出典: Kutikomi )

撥水効果はいかほど…??

表面はしっかり撥水しているように見えますが、さわってみると湿った感じはしました。ある程度、水分が染みこむのは避けれないようです。そこそこの雨が降っても室内に雨漏りがするようなことはないそうです。(出典: CAMP* SITE 


ノルディスクの「アスガルド」を選ぶ際は、使用人数を把握することが重要!

ノルディスクのアスガルで夜キャンプを楽しむ風景
出典:Nordisk 日本販売元 Facebook
ノルディスクのアスガルドの種類・特徴についてご紹介していきました。
アスガルドの特徴としては、テントの設営方法がシンプルで簡単。耐水圧は低めですが、生地の撥水効果が高いので雨雪にも耐えられる強度があるということです。

今年の冬は、ノルディスクのアスガルドで冬キャンプを楽しもう!

 

GO TO THE NORDISK!

ノルディスクを見に行こう!

紹介されたアイテム

Nordisk ノルディスク アスガルド 7.1

Nordisk ノルディスク アスガルド 7.1

¥96,120 税込

ノルディスク アスガルド 12.6

ノルディスク アスガルド 12.6

¥168,480 税込

ノルディスク アスガルド19.6

ノルディスク アスガルド19.6

¥138,240 税込

関連する記事

ノルディスクのアスガルドが映っている画像
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE