ナンガホワイトレーベル全アイテム公開!取り扱い店舗や評判をチェック

ナンガホワイトレーベル全アイテム紹介!ナンガホワイトレーベルは販売する店舗も限られた極上のアイテム。最高級のダウンを使用し、最上の暖かさを実現。しかし実際のところ、評価評判はどうなのでしょうか?店舗のまとめと、評価、全アイテムを紹介します!


アイキャッチ画像出典:instagram by @revelations_shibuya

ナンガホワイトレーベルとは?

ナンガホワイトレーベルのロゴ 出典:Moonloid
ダウン製品で信頼と安心のブランド「ナンガ」が、最強ダウンジャケットと銘打っている商品が「ホワイトレーベル」のダウンウェア。最低気温-41℃を記録した北海道旭川市にあるセレクトショップMOONLOIDと、ナンガが手を組み作り出したウェアです。

ナンガホワイトレーベルに使用された綿
出典:Moonloid
特徴としては保温性と着心地とデザインをうまく両立させたバランス感。ダウン量は過去最高の量を使用し、シンプルなデザインながらもカラーは自然にも街にも馴染むタクティカルカラーを主体とし、街着としてもしっかり着たくなるウェアになっています。

気になる口コミは?

ナンガホワイトレーベル
出典:Moonloid

手に取ると、ダウンがたっぷりと充填されていることがすぐわかります。しかも軽い。お陰で、寒さもなんのその。これ着たら、他のダウンが寒く感じるほどです。熱の逃げやすいフロントジッパーは二重になっており、首回りも(取り外し可能な)ダウンチューブが備えられて暖かい。手首もベルクロで調整でき、手袋着用の場合もぴったりフィットします。また、肩から腰回りに掛けて少しシェイプがかかっているのでしょうか、逆三角形の体型に見えて非常に格好いいです。(出典:楽天)

キャンプ用に買って、初雪の吹雪の中着たけど暖かかった♪発色は、パソコンほどグリーンじゃない気もするけど、良い感じの色合いで気に入ってますw-5,6度だったけど、ロンTにこれで全然大丈夫☆(出典:楽天)

生地もしっかりしていて、ダウンそのものは見た目はボリュームがあります。最近の薄手のダウンのようなスリムさはありません。着心地はとても柔らかくて動きやすいです。シュラフメーカーというのは知らずに購入しましたが、あとで知って納得です。あったかい空気を逃さず、防寒性に優れています。雪も大丈夫です。非常に気に入りました!(出典:楽天)

暖かく軽く、スタイリングにも満足しているという声が多く見られます。アルパインモデルではなく、あくまでタウンユースのダウンとして、これまでに無かった暖かいさとコストパフォーマンスが実現されていることが伺えます。


評価されているナンガホワイトレーベル最高のスペック

ナンガのホワイトレーベルと水たまり 出典:Moonloid
ナンガホワイトレーベルのウェアには、ナンガダウンの中でも一部のハイエンドアイテムにのみ使われる860FPのポーランド産グースダウンが使用されています。

さらにオーロラテックスライトという最新の防水透湿素材で守られ、雨も雪も降る街で、天候を気にせず着られる仕上がり。

 

ナンガホワイトレーベルの取扱い店舗紹介

ポップアップショップを除けば、実店舗でナンガホワイトレーベルを購入できるのは直営店のMOONLOIDだけ。店舗の公式通販もあるのでぜひチェックしてみてください。

<店舗情報>
住所:北海道旭川市豊岡4条2丁目3-16
電話番号:0166-73-9670
営業時間:11:00 – 18:00
休業日:土日祝日
HPはこちら

通販はMOONLOID楽天市場店のみ!

通販で購入できるのはMOONLOID楽天市場店のみ。偽物情報も出ているようなので、店舗通販以外のルートからは購入しないよう注意しましょう。
HPはこちら

ナンガホワイトレーベル全8アイテム紹介

最高品質のアーバンダウン、ナンガホワイトレーベル。現在購入できるラインナップをご紹介します。すでに品薄や売り切れ状態のアイテムもあるため、気に入ったアイテムを発見したらお早めにゲットしてください。

【ナンガ ホワイトレーベル 最強ダウンジャケット タイプ1】

ナンガホワイトレーベルのコンセプトを落としこんだ最強ダウンジャケットタイプ1。街で着て違和感がなく、降雨もある環境でも耐えうるダウンジャケット。その最初の解が最強ダウンタイプ1です。
ITEM
ナンガ ホワイトレーベル ダウンジャケット タイプ1
●サイズ:XS=着丈64cm 身幅96cm 袖丈59cm、S=着丈66cm 身幅100cm 袖丈61cm、M=着丈67cm 身幅104cm 袖丈62cm、L=着丈71cm 身幅106cm 袖丈63cm、XL=着丈73cm 身幅110cm 袖丈65cm
●素材:表生地=オーロラテックスライト、裏生地=ミニリップストップナイロン(DWR 耐久性撥水加工)、中綿=ダウン93% フェザー7% (860FP ポーランドホワイトグースダウン)
●平均重量:680g
●中綿量:220g
バイク通勤で冬の朝晩に50分、冷たい突風を受けながらもまるで布団に包まれているような暖かさ!生地は防水を謳いながらも軽く柔らかで着心地抜群です。テクノロジーの結晶を纏っているようで、出勤の憂鬱な気持ちも幸せに変わり思わずニヤけてしまいました。 出典:楽天



【ナンガ ホワイトレーベル最強ダウンジャケット タイプ2】

最強ダウンタイプ1をブラッシュアップさせたタイプ2。タイプ1にはシュラフに採用されている身体中央の熱を逃がさない機構、ドライチューブが搭載されています。本来ダウンジャケットには無いハイスペックなこのドライチューブが、タイプ2では二重に強化されています。
ITEM
ナンガ ホワイトレーベル ダウンジャケット タイプ2
●サイズ:XS=着丈70cm 身幅100cm 袖丈61cm、S=着丈73cm 身幅104cm 袖丈63cm、M=着丈74cm 身幅110cm 袖丈64cm、L=着丈76cm 身幅112cm 袖丈65cm、XL=着丈78cm 身幅118cm 袖丈68cm
●素材:表生地=オーロラテックスライト、裏生地=ミニリップストップナイロン(DWR 耐久性撥水加工)、中綿=ダウン93% フェザー7% (860FP ポーランドホワイトグースダウン)
●平均重量:730g
●中綿量:220g
寒がりの私には非常に暖かく、軽く、これで防水なので、全体的にはとても満足です。来年度もまた期待しています! 出典:楽天

【ナンガ ホワイトレーベル最強ダウンジャケット タイプ3】

最強ダウンタイプ1、2の経験値が全て落とし込まれ、最適化されたタイプ3。シリーズ初のスタンドカラータイプ。軽量化されながら、保温性はより向上。これまでのユーザーの要望に応える形で、さまざまな部分がより最適化されています。
ITEM
ナンガ ホワイトレーベル ダウンジャケット タイプ3
●サイズ:XS=着丈63cm 身幅96cm 袖丈60cm、S=着丈65cm 身幅100cm 袖丈61cm、M=着丈67cm 身幅104cm 袖丈63cm、L=着丈69cm 身幅106cm 袖丈64cm、XL=着丈71cm 身幅110cm 袖丈67cm
●素材:表生地=オーロラテックスライト、裏生地=ミニリップストップナイロン(DWR 耐久性撥水加工)、中綿=ダウン93% フェザー7% (860FP ポーランドホワイトグースダウン)
●平均重量:620g
●中綿量:200g
身長167cm胸囲98cm肩幅45cmで最初口コミやサイズ表を参考にSを購入しましたが胸回りがきつくMに交換していただきました。実際に着用してみた感じはとても軽くて暖かく肩の凝らないダウンです。 出典:楽天

【ナンガ ホワイトレーベル ダウンパーカ】

よりアーバンにフィットしたダウンパーカ。本レーベルのダウンジャケットがヘビー級ならダウンパーカはライト級。そう表現されるように、より軽快に着まわせるのがこのダウン。コーデやシルエット重視、極寒エリアではないというシーンに最適です。
ITEM
ナンガ ホワイトレーベル ダウンパーカ
●サイズ:XS=着丈63cm 身幅98cm 袖丈62cm、S=着丈70cm 身幅102cm 袖丈63cm、M=着丈72cm 身幅104cm 袖丈64cm、L=着丈73cm 身幅109cm 袖丈65cm、XL=着丈76cm 身幅112cm 袖丈66cm
●素材:表生地=オーロラテックスライト、裏生地=ミニリップストップナイロン(DWR 耐久性撥水加工)、中綿=ダウン93% フェザー7% (860FP ポーランドホワイトグースダウン)
●平均重量:490g
●中綿量:100g
ユニクロのダウンパーカーのMサイズより外寸大きめ、胴回りは、少し小さめかな…。MとSサイズの両方着てみて感じたのは、腕の長さと胴回り。基本的に腕の長さは、Sでも長め。胴回りもMだと、余裕あり。どちらも、しっかり縛れる機能付、これは、とても大事かな…格好良く着れる。 出典:楽天

ナンガ ホワイトレーベル ダウンパンツ メンズ レディース

ナンガホワイトレーベルのダウンパンツ。旭川から生まれたブランドコンセプトの通り、アーバンを強く意識して作られたアイテム。天候を気にせず着られる防水透湿素材のほか、カーゴポケットやシルエットなど、街履きに最適化された貴重なダウンパンツです。
ITEM
ナンガ ホワイトレーベル ダウンパンツ メンズ レディース
●サイズ:XS=ウェスト67-76cm ワタリ28cm 股下71cm、S=ウェスト70-80cm ワタリ30cm 股下74cm、M=ウェスト74-84cm ワタリ32cm 股下75cm、L=ウェスト80-90cm ワタリ33cm 股下77cm、XL=ウェスト86-96cm ワタリ34cm 股下80cm
●素材:表生地=オーロラテックスライト、裏生地=ミニリップストップナイロン(DWR 耐久性撥水加工)、中綿=ダウン90% フェザー10% (770FP ポーランドホワイトグースダウン)
●平均重量:390g
●中綿量:60g
先日最低気温がマイナス8℃の時に「世界最強ダウン」と合わせて着ましたが、気のせいではなく、なんまら(「なまら」を強くした言い方)暖かかったです^^雪がついても、手でほろうと簡単に雪が落ちます。これは雪国ではありがたい! 出典:楽天

【ナンガ ホワイトレーベル ミーンズワイル ハーフスヌージングバッグダウンジャケット

東京を拠点とするブランド「ミーンズワイル」とのコラボアイテム、ハーフスヌージングバッグダウンジャケット。ミーンズワイルのデザインコンセプトをナンガホウィトレーベルのスペックに注入。見事に両者が融合した独創的なダウンジャケットです。
ITEM
ミーンズワイル ナンガホワイトレーベル ハーフスヌージングバッグダウンジャケット
●サイズ:S=着丈69cm 身幅108cm 袖丈63cm、M=着丈71cm 身幅118cm 袖丈64cm、L=着丈75cm 身幅120cm 袖丈65cm
●素材:表生地=オーロラテックスライト、裏生地=ミニリップストップナイロン(DWR 耐久性撥水加工)、中綿=ダウン93% フェザー7% (860FP ポーランドホワイトグースダウン)
●中綿量:150g

【ナンガ ホワイトレーベル ミーンズワイル ループジップダウンベスト

「ミーンズワイル」とのコラボダウンベスト。機能がデザイン化された「らしい」ギミックのループジップなど、魅力たっぷりのダウンベスト。タクティカル調に一色で統一されているカラーで色ハメコーデにも使いやすいアイテムです。
ITEM
ミーンズワイル ナンガホワイトレーベル ループジップダウンベスト
●サイズ:S=着丈69cm 身幅110cm 肩幅40cm、M=着丈71cm 身幅112cm 肩幅41cm、L=着丈73cm 身幅118cm 肩幅73cm
●素材:表生地=オーロラテックスライト、裏生地=ミニリップストップナイロン(DWR 耐久性撥水加工)、中綿=ダウン93% フェザー7% (860FP ポーランドホワイトグースダウン)
●中綿量:50g



最低気温-41℃を記録した旭川が生んだアーバンハイスペック


暖かく街で着ても違和感のないデザイン、シンプルなシルエット、雨も降る環境でも着られる万能性、手の届く価格帯、、、極寒の北海道旭川市で芽生えたアーバンダウンに対するこれらのニーズに真向から立ち向かい、ナンガホワイトレーベルは実現しました。

アバーンダウンを追及した結果の解は、まさに最強ダウンと呼ぶに相応しいアイテムです。

 

Let’s choose NANGA WHITE LABEL if you want to wear warm Urban down!

暖かいアーバンダウンを着たいならナンガホワイトレーベルを!

紹介されたアイテム

ナンガ ホワイトレーベル ダウンジャケット タイプ1

ナンガ ホワイトレーベル ダウンジャケット タイプ1

¥47,520 税込

ナンガ ホワイトレーベル ダウンジャケット タイプ2

ナンガ ホワイトレーベル ダウンジャケット タイプ2

¥51,840 税込

ナンガ ホワイトレーベル ダウンジャケット タイプ3

ナンガ ホワイトレーベル ダウンジャケット タイプ3

¥45,792 税込

ナンガ ホワイトレーベル ダウンパーカ

ナンガ ホワイトレーベル ダウンパーカ

¥30,240 税込

ナンガ ホワイトレーベル ダウンパンツ メンズ レディース

ナンガ ホワイトレーベル ダウンパンツ メンズ レディース

¥21,600 税込

ミーンズワイル ナンガホワイトレーベル ハーフスヌージングバッグダウンジャケット

ミーンズワイル ナンガホワイトレーベル ハーフスヌージングバッグダウンジャケット

¥73,440 税込

ミーンズワイル ナンガホワイトレーベル ループジップダウンベスト

ミーンズワイル ナンガホワイトレーベル ループジップダウンベスト

¥41,472 税込

関連する記事

ナンガのホワイトレーベルを着たマネキン
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
夏野 栄

湘南在住の作家、クリエイターでアウトドアマン。ノベルからアウトドア書籍、ゲームやアニメ脚本、アパレルプロダクトまで多数制作。ファッション誌での連載とマーケットプロデュース。『ぼくの決断』/実業之日本社

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE