知らなきゃいけない!ユニクロヒートテックでOKなこと、NGなこと

ユニクロヒートテックを着る上で知らなきゃいけない知識紹介!実はヒートテックは、冬登山時着用NGとは知ってましたか?知っておくと便利な、より暖かくするOKなこと、知らなきゃいけないNGなことを簡潔に紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!


アイキャッチ画像出典:ユニクロ

ユニクロヒートテックはコスパ最高!

161208-bnr-extrawarm-01
出典:ユニクロ
ユニクロと東レが共同開発をし誕生したヒートテック。2003年の発売以来、その薄さと暖かさで冬には欠かせないアイテムとなっています。まずはコスパなどの気になる面を見ていきましょう。

気になる値段は?

save-1720971_640
出典:pixabay
MEN ヒートテッククルーネックT….¥990 +消費税
MEN ヒートテックエクストラウォームクルーネックT…..¥1,500 +消費税
MEN ヒートテックウルトラウォームクルーネックT…..¥1,990 +消費税
ヒートテックは上記の販売価格を見ればわかるようにコストパフォーマンスがよく、リピートのしやすさにもつながっており、非常におすすめです。


2016年、超極暖ヒートテック発売!

09_174776
出典:ユニクロ
2016年12月より発売となった超極暖ヒートテックは、従来のヒートテックの約1.5倍の暖かさを持つ極暖ヒートテックよりさらに約1.5倍、史上最高の暖かさを持った超極暖ヒートテックです。

ヒートテックの寿命は?

ヒートテックは肌に密着する事によりその性能を発揮するため、首回りや袖口などが伸びてしまったら寿命と言えるでしょう。使用期間は個人差や使用頻度により異なります。

ユニクロヒートテックでOKなこと~サイズ選び~

12_177080
出典:ユニクロ
サイズはジャストサイズ!
ユニクロのヒートテックで一番重要で基本的なことはサイズ選び。結論から言うと、「ジャストサイズ」のヒートテックを選ぶことが重要です。ヒートテックが肌に密着していることで、十分に機能してくれます。ユニクロのヒートテックは柔軟性にも優れているので、サイズは自分に合ったサイズを選びましょう。

ユニクロヒートテックでOKなこと~重ね着の仕方~

161212_men_13-l
出典:ユニクロ
ヒートテックは素肌の上に直接着よう!
体から発せられた水蒸気を繊維が吸収し熱エネルギーに変換する事により暖かくなるヒートテック。その特質を生かすためにも素肌の上に直接着る事が重要です。

重ね着をする場合はヒートテックの上にウィンドブレーカーやフリースなど、ヒートテックの熱を逃さないような素材で出来た物を着るとよいでしょう。

ユニクロヒートテックでNGなこと~ヒートテックの重ね着~

08_172763
出典:ユニクロ
ヒートテックの重ね着は意味がない!
保温性に優れたヒートテック。このヒートテックを重ね着したら、その効果も二倍になると思っていませんか?

ヒートテックは体から蒸発した水蒸気を繊維が吸収しエネルギーに変換する事で素材自体が暖かくなります。そのため二枚重ねても効果は一枚と同じ!ヒートテックの特質が十分発揮されなければ重ね着は無駄となってしまいます。


ユニクロヒートテックでNGなこと~登山~

885t_161017mvfcyc
出典:ユニクロ
冬季の登山で使うには十分な注意を!
ヒートテックの登山ユーザーは多く、最近ではエベレスト登頂を果たした南谷真鈴さんも愛用してるそうです。

ただし、レーヨンが混紡されたヒートテックは速乾性がないとの事例もあり、激しい運動で大量の発汗をすると吸湿速乾が追いつかず汗で体が冷えてしまうそうです。特に冬山登山の際は命に係わることですので、使用する際には細心の注意をし、または使用を控えるようにしましょう。

ユニクロのヒートテックは冬の万能選手

161111-bnr-extra-warm
出典:ユニクロ
ヒートテックは発売以来、薄くて暖かく冬には欠かせないアイテムとなってきました。年々進化も遂げ2016年には超極暖ヒートテックが発売になり、ますます機能が充実し暖かさも増しています。

進化した機能を十分に発揮させるため、その特徴を知り生かすことで寒い冬も暖かく、そしてオシャレに過ごしましょう。

 

I’ll spend warm winter!

暖かい冬を過ごそう!

 

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
yuko oono

キャンプツーリングをキッカケに、その魅力に取り憑かれ、休みがあればテントを積んで旅する中年ライダー。 最近は自宅の1室をキャンプ道具に占領されるも、良い用品があればつい買ってしまうという道具沼にもハマっている。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE