父子キャンプのススメ【過ごし方編】 | 気になる食事のタイミングやパパの楽しみ方は?

batch_img_2518

お気に入り追加

父子キャンプ、それは子供との絆を深めたい、父親として子供を成長させたい、そして何より自分もキャンプを楽しみたい、そんな父親と子供のキャンプ。三児のパパである筆者の父子キャンプの方法・楽しみ方をご紹介致します。


父子キャンプ【設営編】

batch_img_9555
前回父子キャンプのキャンプ場選びに触れたので、今回は過ごし方編です。



まずはチェックインをしてすぐに設営を済ませます。30分〜1時間以内に設営できたらベストですね。

設営中、子供は目の届く範囲で遊ばせます。子供って何もなくても自分で遊び方を見つけて遊ぶものだと思っていますので、特に遊ぶ道具は持っていかなくても平気だと思います。土を掘ったり、枝を拾ったり、虫を観察したり。

batch_img_1700
ただし我家の子供もそうですが、普段から自然に接する機会が少ない都心暮らしの子供は、突然自然の中に行っても遊び方が分からないなんてこともも多いのです。そんな時はボールやランバイクなどの遊び道具を持って行ってもいいと思います。

batch_img_2053
それとテントを建てるのを手伝わせたり、ペグ打ちを手伝わせる等も有効な方法ですね。プラペグやプラハンマーなどが危険も少なく良いと思います。普段はお手伝いをしない子供でも喜んでやることでしょう。

とは言ってもやっぱりすぐに飽きて「遊んで〜」とか、「早く川で遊びたい」とか言われたりするので急ぐに越したことはないですね。


父子キャンプ【過ごし方編】

batch_img_2543
設営が完了したら、すぐに遊びタイムに突入です!チェックイン時間にもよりますが、昼前ならばお昼ご飯を。夏場であれば水分はこまめにとりましょう。

batch_img_0391
子供の性格など個人差はあると思いますが、日中はほぼ休みなしで子供と遊ぶことになると思います(笑)、特に男の子は。

batch_img_2063
キャンプ場で遊ぶのもよし、近隣のアクティビティに参加するのもよし。遊ぶだけではなく、散歩をしながら虫・植物の観察、枝や木の実でクラフト製作も楽しそうですね。

シャワーは夕飯前がオススメです。小さい子供は日中動き回って相当眠たくなっているので、遅くなればなるほどご機嫌斜めになる傾向があります。もちろん近くに温泉などがある場合は利用するのがベター。

batch_img_0444
そしてあっという間に夜ご飯の準備の時間に。もちろんご飯も時間をかけずにサッと作ります。炒め物や焼きそば等は子供もよく食べるし簡単なのでオススメです。出来合いのお弁当やカップラーメンでも洗い物が減るのでいいですね。お手伝いできる子であれば、一緒に料理を作るのも楽しいと思います。

batch_img_2530
夕飯を手早く済ませた後は花火を楽しんだり、焚火を囲ったりと火の扱い方を教えたり、子供が小さい場合は寝かしつけます。キャンプでは子供は普段以上に目一杯遊ぶので、すぐに寝てしまいますよ!



batch_img_3141
子供が寝た後は、パパお楽しみタイムです。ここからは自分の好きなことをのんびりと楽しみましょう。やっぱり一番はキャンプの醍醐味である焚火を眺めながらの時間です。炎の揺らめきには癒しの効果があるとも。日頃ストレス社会で頑張るパパ達も焚火で癒されましょう(笑)

batch_img_3125
ただし夜更かしは厳禁です。早く寝た分、子供たちは朝も早いのです。帰りの運転もありますので、ほどほどに楽しんだらサイト周りを片付けて就寝です。

父子キャンプ【撤収編】

batch_img_3148
朝は子供と早起きをして、散歩をしたり寒ければ焚き火で暖を。朝食は簡単にできるホットサンドがオススメです。子供に具材を挟むのを手伝ってもらうのも良いでしょう。

batch_img_2463
撤収日であれば朝食後すぐに撤収開始です。やはり子供のお世話をしながらになりますので、普段以上に時間がかかる事を念頭に入れて取り掛かるのが◎。また子供は本当に思いもよらない行動をとることがありますので、オートサイトならば車の走行には十分注意を!

batch_img_0533
無事に撤収作業が完了しチェックアウトをした後は、そのまま帰宅するか近隣の観光地に行ったり、前日にお風呂に入れなかった場合は温泉に寄って帰るのが我が家のパターンになっています。

帰宅した後はたまった洗濯物をやると奥様の負担も減り、喜ばれます(笑)

まとめ~子供のためだけではなく、父子で楽しめるキャンプを!~

batch_img_0288
父子キャンプについていろいろと述べてきましたが、自分のスタイルでキャンプを楽しむことが一番だと思います。親が楽しい姿を見せると子供も楽しいと思ってくれるはずです。そしてキャンプを通じて様々な事を教えられると思います。火の扱いや、ナイフの扱い、家の中や勉強だけでは気づかない自然の厳しさや美しさなど身をもって体感させてあげられます。



batch_img_0265
また親自身にとっても子供の成長を一緒に楽しめる良い機会だと思います。そして何より日頃奥様が感じている子育ての難しさや大変さも味わうことができ、夫婦関係にも良い影響を与えます。もちろんキャンプの時だけではなく普段から子育てには参加しましょう(笑)

batch_img_9427
現在キャンプをやっている方たちも子供の頃キャンプに連れて行ってもらっていたという方も多いはず。それだけ子供のときのキャンプというものは、思い出深いものになるのだと思います。父と子が一緒にいられる貴重な時間をキャンプという特別な自然の中で過ごしてみてはいかがでしょうか。

編集部おすすめ記事


d-suke23 Written by d-suke23 息子二人の成長のためにと始めたキャンプ。今では自分が一番楽しみで仕方がない父・・・。キャンプ以外でもガジェットや様々なモノ・コトに興味がありカタチから入るタイプ。モットーは広くちょっとだけ深く。

2016年12月1日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP