スノーピークの国産鉄鍋「和鉄ダッチオーブン」がやっぱりスゴイ!

スノーピークの「和鉄ダッチオーブン」は新潟県燕三条の鋳物成型技術により、薄くて軽量、そして頑強に作られたダッチオーブン。“ダッチオーブンは重い”というイメージを覆したモデルです。Made in Japanはやっぱりスゴイ、その魅力を紹介します!


アイキャッチ画像出典 : All I Wanna Do

スノーピークの「和鉄ダッチオーブン」とは?

スノーピーク和鉄ダッチオーブンとは 出典 : スノーピーク
「和鉄ダッチオーブン」はみなさんおなじみスノーピークがリリースしているダッチオーブンです。

「和鉄」の名前どおり、スノーピークのお膝元・新潟県燕三条の鋳物成型技術を結集し、作り上げられたメイド・イン・ジャパンのダッチオーブン。“燕三条極薄鋳物”とも呼ばれています。

スノーピークの和鉄ダッチオーブンはココが違う!

スノーピーク和鉄ダッチオーブンの特徴紹介 出典 : スノーピーク
一般的なダッチオーブンとは一味違うスノーピークの和鉄ダッチオーブン。どんなところに差があるのか紹介します!

①燕三条の技術を結集させた、極薄・軽量ダッチオーブン!

和鉄ダッチオーブンは薄くて軽量 出典 : スノーピーク
通常の鋳物製造は砂型に高熱の鋳物素材を流し込んで成型しますが、スノーピークでは砂型自体に樹脂を混合してきめ細かい砂型を成型。この砂型を使うことで、緻密で薄く軽量かつ強靭な鋳物が作れるようになっています。
スノピ和鉄ダッチオーブンの魅力を紹介 出典 : スノーピーク
和鉄ダッチオーブン26の最薄部は2.75mm。一般的なダッチオーブンは5mm前後の厚みがあり、それと比べるとかなりの薄さ。

けれどスノーピークが取り入れている製造方法は、薄く軽量でありながら熱伝導性や蓄熱性も高い鋳物作りを実現しており、重みのあるダッチオーブンと調理性能は変わりません。またこの製造方法はヒートショックや衝撃にも強いという特徴も持っています。


②ポット、スキレット、蓋の3点セット!組み合わせで調理の幅が広がる!


出典:Amazon
一般的なダッチオーブンはポット(本体)と蓋のセットですが、和鉄ダッチオーブンはポット+スキレット+蓋の3点がセット。しかもこの3点がすっきりスタッキングできるのが魅力!

ポット+蓋、スキレット+蓋という使い方はもちろんですが、下記のようにポット+スキレットという使い方もでき、調理の幅が広がるように設計されています。

・ポットにスキレットをそのまま重ねたパターン
和鉄ダッチオーブンの使い方
ちょっぴり高さがある食材の調理で、上炭火を食材に近づけたいときに便利なパターン。

・ポットにスキレットを逆さまにして重ねたパターン
和鉄ダッチオーブン使い方
ダッチオーブン内の容量が最も大きくなるので、丸鶏など大きめの食材の調理に活躍。

③メイド・イン・ジャパンの美しさ!

和鉄ダッチオーブンはメイドインジャパン 出典 : All I Wanna Do
独特のフォルムも和鉄ダッチオーブンの魅力。きめ細かい砂型で作られた緻密な肌面と相まって、美しさを感じます。

ポットの釜のようなフォルムは、包み込む炎でまんべんなく加熱でき、またおたまで掬いやすい形状にもなっているのです。

④アウトドアクッキングで使いやすい、さまざまな工夫

和鉄ダッチオーブンはキャンプでの調理を快適に 出典 : スノーピーク
アウトドアでの調理で使いやすい工夫もたっぷり、きめ細かく施されています。例えば、グローブをしていても持ちやすい取っ手、上火の炭を落ちにくくする蓋周囲のフリンジ、吊り下げを考慮したワイヤーハンドルのくぼみ、リフター(別売)で扱いやすい構造などなど。アウトドアでの調理を快適にします。

⑤家庭での使い勝手もいいんです!

スノーピークの和鉄ダッチオーブンはIHヒーターOK 出典 : スノーピーク
ポットとスキレットの底面はフラットになっているので、家庭のIHヒーターでも使えます。軽量でスタッキング収納でき、そして絵になる和鉄ダッチオーブンは家庭でも大活用したいですね。


実際に使ってみた人の声を紹介!

和鉄ダッチオーブンを実際に使用した人はどんなことを感じたのでしょうか?参考になる声を紹介します!

他のダッジオーブンに追加購入。いわゆる「足」がないので薪ストーブ内やいろんな場所で活用可能。IH対応であることも評価できます。サイズとしても丸鳥まで対応可能なので家族4人で使用するには十分です。(出典:ナチュラム

実際使ってみると、思った以上に容量が大きく、鳥一匹丸ごと入れてもまだ余裕がありました。また、他社さんのものと比較にならないくらい、頑丈かつ軽量で非常に満足のいくものでした。(出典:Amazon

ステンレスのものと迷いましたがこちらにしました。本体は比較的軽いですがリッドやスキレットは重いです。車で行く場合しか携行する気にはなれません。(出典:Amazon

ITEM
和鉄ダッチオーブン26
●サイズ:リッドW316×D268×H56mm、スキレットW316×D268×H58mm、ポットφ268×H120mm※ツル含まず
●満水容量:スキレット2.6L、ポット5.4L
●総重量:7.6kg(リッド2.3kg、スキレット2.6kg、ポット2.7kg

和鉄ダッチオーブンにはこんな仲間も!

スノーピークの燕三条極薄鋳鉄シリーズ 出典 : スノーピーク
“燕三条極薄鋳鉄”シリーズには、和鉄ダッチオーブン以外にも下記のようなモデルがラインアップされています!
ITEM
コンボダッチ デュオ
2人のキャンプにちょうどいいサイズの鋳鉄クッカーセット。7アイテムを装備しながら、重量は約3.9kgを実現!

●セット内容:リッド×1、スキレット×1、ポット×1、プレート×2、ハンドル×2、収納ケース
●サイズ:リッドφ164×H39mm、スキレットW196×D168×H48mm、ポットW188×D172×H101mm、プレートW196×D168×H35mm、ハンドルW30×D120×H9mm
●満水容量:ポット1.6L※3合炊、スキレット0.8L
●総重量:3.9kg
タンデムキャンプやちょっとしたBBQなどで料理すると楽しいです。ご飯も炊ける、ダッチオーブンとしても使えるし、焼き物、蒸し物にも使える。良い道具を一生使う、さらに子供達も引き継いで使って行くという感じでしょうか。 出典:amazon
ITEM
コロダッチポット
リンゴ1個が入るミニサイズのダッチオーブン。食卓に器として出してもかわいい!

●サイズ:W162×D130×H94mm
●容量:490ml
●重量:1.4kg
サイズは一人で使うには十分、手入れが簡単なのもとても良いです。 出典:amazon




ITEM
コロダッチカプセル
長いサイズの食材に対応するモデル。蓋を調理に使うこともできます。

●サイズ:W282×D90×H74mm
●容量:550ml
●重量:1.9kg
なにかと好奇心をかきたてられる商品だとおもいます。
裏蓋も焼き物できるしいいとおもいます。 出典:amazon
ITEM
コロダッチオーバル
2~3人の料理を作るのにちょうどいいサイズの鉄鍋。楕円形のフォルムがおしゃれ。

●サイズ:W242×D160×H94mm
●容量:1240ml
●重量:2.6kg
二人だと、ちょうどです。最近は、ストーブの上にのせてカレーとか煮物を作っています。根野菜は、中までホクホクに仕上がっています。おいしく頂けます。 出典:amazon

扱いやすいから、キャンプでも家庭でも鉄鍋料理が楽しくなる!

スノーピークの和鉄ダッチオーブンが快適 出典 : スノーピーク
従来のダッチオーブンの「重い」というイメージを変えた和鉄ダッチオーブン。軽量で頑強なのでキャンプでも家庭のキッチンでも快適に使えますよ!

 

Great! snow peak dutch oven!
スノーピークの和鉄ダッチオーブンがすごい!

紹介されたアイテム

和鉄ダッチオーブン26

和鉄ダッチオーブン26

¥27,864 税込

コンボダッチ デュオ

コンボダッチ デュオ

¥25,704 税込

コロダッチポット

コロダッチポット

¥7,560 税込

コロダッチカプセル

コロダッチカプセル

¥8,964 税込

コロダッチオーバル

コロダッチオーバル

¥12,204 税込

関連する記事

img_7982
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE