ソフトクーラーといえばシアトルスポーツ!数々のキャンパーに愛される理由とは?

シアトルスポーツのソフトクーラーが人気の理由とは?「ソフトクーラーの代名詞」とも言われ、キャンプシーンだけでなくアウトドア全般から抜群の人気を誇るシアトルスポーツ社のソフトタイプのクーラーバッグ。気になる保冷力レビュー、関連製品などご紹介!


アイキャッチ画像出典 : Instagram by @nori_ig

ソフトクーラーと言えばシアトルスポーツ


出典:Yosocam
「シアトルスポーツ(SEATTLE SPORTS)」は1983年にアメリカで設立されたブランド。“ソフトクーラーの代名詞”と言われるほど絶大な人気を誇り、日本でも多くのアウトドアマンから愛されています。

ソフトクーラーの基本ラインアップは4サイズ4色展開

シアトルスポーツのソフトクーラー
シアトルスポーツのソフトクーラー、ラインアップは12QT、19QT、25QT、40QTの4サイズ展開。各サイズごとにレッド、イエロー、ブルー、ライム、4色が基本展開されています。

それでは、まず4サイズの大きさを2Lと500mlペットボトルと比べて、使用感をイメージ!アメリカ製なのでサイズ表記は12QT=11L、19QT=18L、というように内容量と少しズレていますのでスペックはしっかり確認しておきましょう。

ソフトクーラー12QT
シアトルスポーツのソフトクーラー12QT
縦長フォルムでソフトクーラーの中では一番小ぶりのタイプです。2Lのペットボトルが縦に4本入るサイズで、アウトドアはもちろん、日常でも気軽に持ち運びができそうです。
シアトルスポーツ ソフトクーラー12QT
ITEM
シアトルスポーツ ソフトクーラー12QT
●容量:11L
●サイズ:26×23×30cm
●重量:546g


ソフトクーラー19QT
シアトルスポーツのソフトクーラー特集
横長ボックスタイプ。500mlペットボトルが縦に15本入るサイズで、2Lペットボトルは縦には入りませんが、横置きなら2~4本は入れることができます。
シアトルスポーツ ソフトクーラー19QT
ITEM
シアトルスポーツ ソフトクーラー19QT
●容量:18L
●サイズ:32×25×23cm
●重量:765g


ソフトクーラー25QT
シアトルスポーツソフトクーラーの紹介
車への収納などに便利な、高さが低めの横長タイプ。トランクのようなフォルムで開口部が大きいので、物が取り出しやすくなっています。
シアトルスポーツ ソフトクーラー25QT
ITEM
シアトルスポーツ ソフトクーラー25QT
●容量:26L
●サイズ:51×28×18cm
●重量:1137g


ソフトクーラー40QT
シアトルスポーツのソフトクーラー40QT
25Qtのサイズから高さが伸びた40Qtは、なんでも入れられる大容量サイズ。2Lペットボトルが縦に16本も入るので、保冷剤や氷など、余分に入れるものたちのスペースも気にせず入れられます!
シアトルスポーツ ソフトクーラー40QT
ITEM
シアトルスポーツ ソフトクーラー40QT
●容量:39L
●サイズ:51×28×28cm
●重量:1490g

シアトルスポーツのソフトクーラー、ココがいい!

シアトルスポーツのクーラーバッグが愛される理由
出典 : Seattle Sports
多くのアウトドアマン、キャンパーから愛されるシアトルスポーツのソフトクーラー。なぜ多くの人を魅了するのか、その理由と気になる実力の程をご紹介します!


一目でブランドが分かるデザイン

シアトルスポーツのソフトクーラーを紹介
他ブランドのクーラーとは一線を画すデザイン、それがシアトルスポーツのソフトクーラーです。

ゴテゴテとしていないシンプルなフォルムで、ロゴマークは蓋上部にペンギンのイラストと製品名、ブランドロゴがあるのみ。

シアトルスポーツのソフトクーラーはカラーバリエーション豊富
そんなシンプルデザインながらも、色は原色カラーリングで存在感があります。ブラックのストラップもコントラストが強く良いアクセントに。一般的なソフトクーラーのような見た目とは違い、一目でブランドが分かるデザインが魅力的ですね。

コンパクトに収納できるのがいい!

シアトルスポーツのクーラーはコンパクト収納
使い終わったあとはコンパクトに収納できるのがソフトクーラーの魅力。もちろんシアトルスポーツのソフトクーラーも同様ですが、シンプルなデザインのおかげでたたむとかなりスリムな印象。このコンパクトさは持ち運びにも収納にも役立ちます。


保冷力はどうなの?レビューをチェック!

シアトルスポーツ・ソフトクーラーの保冷力
出典 : WILD-1
ハードクーラーより保冷力は劣りますが、それでもソフトタイプの中では保冷能力がなかなか高いと評判のシアトルスポーツ。実際に使用した方のレビューを紹介します。

保冷能力は十分だと思います。1リットルペットボトルの水を凍らせて、蓄冷材代わりに使用しましたが、5月の場合二泊三日のキャンプで最終日までペットボトル内の氷は溶けきらずに残っていました。7月はさすがにそうはいきませんでしたが、二日目の晩までは氷は残っていました。(出典 : Amazon

凍らしたペットボトル氷(500ml×4本)入れて、室内に放置。室温約28度。24時間後、4本中3本は完全に溶けており、のこり1本に3割ほどの氷が残った状態。開閉は12時間後に1回のみ。この状態では24時間が限度のようです。(出典 : ナチュラム

夏日にロゴスの倍速凍結氷点下パックMを入れて冷凍したペットボトルのジュースを入れて朝から午後3時ころまで屋外にいましたが、ペットボトルはガチガチのままでした。(出典 : Amazon

持ちやすい「トート」や「バックパック」タイプもあります!

シアトルスポーツのクーラーバッグ
出典 : moderate
一般的に“ソフトクーラー”と呼ばれるボックスタイプのほかにも、キャンプから日常にも使いやすいトートタイプやパックタイプなどがラインアップされています。3アイテムの特徴を紹介します。



クーラートート 20QT

シアトルスポーツのクーラートート
容量20Lのトートバッグ型のソフトクーラー。2Lのペットボトル3本にちょうどいいサイズで、縦長なのでボトル系の収納に最適なタイプです。フロント側にはポケットも付属しているので、栓抜きやビニール袋などを忍ばせておくと便利。
シアトルスポーツ クーラートート20QT
ITEM
シアトルスポーツ クーラートート20QT
●容量:20L
●サイズ:34×17.5×38cm
●重量:1133g


ZIPトップクーラー44QT


出典 : modelog
シアトルスポーツのクーラーの中では最大容量の44Lタイプ。上部にファスナーが設けられているので大開口でモノが取り出しやすくなっています。2Lペットボトルが縦に入れられる深さもあり、ファスナー部の端に付属しているバックルで留めれば、よりコンパクトにすることが可能です。
シアトルスポーツ ZIPトップクーラー 44QT
ITEM
シアトルスポーツ ZIPトップクーラー 44QT
●容量:44L
●サイズ:約49.5×29×31cm
●重量:1586g


バックパッククーラー

シアトルスポーツのバックパック型クーラー
出典 : Seattle Sports
その名の通りバックパック型で、背面に背負えるストラップが付属されています。これなら飲み物や食べ物だけでなく、ウォーターアクティビティーでも活躍しそうですね。バックパッククーラーのカラーはホワイトが基本、そして容量は17Lとなっています。
シアトルスポーツ バックパッククーラー
ITEM
シアトルスポーツ バックパッククーラー
●容量:17L
●サイズ:約48×20×20cm
●重量:680g

普段の買い物からキャンプまでお役立ち!

NORI 💩✨さん(@nori_ig)が投稿した写真



ほかにはないデザインと軽量&コンパクトさが魅力のシアトルスポーツのソフトクーラー。おしゃれな雰囲気なので、日常生活での買い物から運動会などのイベント、キャンプまで活躍してくれます。

また、アウトドアショップなどではオリジナルカラー、デザインを採用した限定モデルをリリースしているので、気になる人はチェックしてみましょう!

 

Soft cooler = SEATTLE SPORTS!
ソフトクーラーの代名詞、シアトルスポーツ

紹介されたアイテム

シアトルスポーツ ソフトクーラー12QT

シアトルスポーツ ソフトクーラー12QT

¥7,452 税込

シアトルスポーツ ソフトクーラー19QT

シアトルスポーツ ソフトクーラー19QT

¥7,776 税込

シアトルスポーツ ソフトクーラー25QT

シアトルスポーツ ソフトクーラー25QT

¥9,234 税込

シアトルスポーツ ソフトクーラー40QT

シアトルスポーツ ソフトクーラー40QT

¥11,880 税込

シアトルスポーツ クーラートート20QT

シアトルスポーツ クーラートート20QT

¥9,720 税込

シアトルスポーツ ZIPトップクーラー 44QT

シアトルスポーツ ZIPトップクーラー 44QT

¥12,960 税込

シアトルスポーツ バックパッククーラー

シアトルスポーツ バックパッククーラー

¥14,256 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE