バーベキューの王道肉料理!家でも食べれる肉レシピを大公開!

バーベキューの王道、肉料理。焼くだけなんてもう古い!バーベキューを家でも楽しめる、美味しいお肉レシピをご紹介します!実はちょっとした一手間で、いつものお肉が何倍も美味しくなるんです。どこでも実践できる肉レシピを皆に披露しちゃいましょう!


アイキャッチ画像出典<SIERRA Food Wine Art>

 

バーベキュー=最高の料理、、、?

 

子どもの頃、遠足で食べたお弁当の美味しさは、大人になっても多くの人が覚えているもの。同じ食事でもその食べる環境によって美味しさは変わってくるものです。まさしく、バーベキュー料理はその条件を満たしている最高の料理。大好きな家族や気の合う仲間と楽しくお肉を食べるなんて最高のひとときですよね。そんなバーベキューの王道肉料理,一手間加えれば家でも食べられる絶品肉料理に大変身!

バーベキューをより美味しく食べるために、主役の“お肉”について学ぼう

“お肉”とは人間のエネルギーの源です。そんなエネルギーの源であるお肉をバーベキューで美味しく食べたらとんでもなくいいことが起きそうですよね?そこで、ちょっと工夫で美味しく食べられる焼き方から、おすすめの食べ方に加え、気をつけるルールや意外な道具までバーベキューにおける“お肉”に関するいろはをご紹介します!

 

お肉を美味しく食べるためのルール

バーベキューのお肉といえば、ただ焼くだけ…を想像していませんか??そんな妄想はすぐに捨てましょう!ちょっとの工夫でお肉が何倍も美味しく食べることが出来るのです!

まずは下準備



【火の通りを均一にするために、焼く前に室温に戻す】

冷蔵や解凍したお肉は一度、室温に戻しましょう。室温に戻すことで、お肉の内側と、表面の温度差がなくなり、火が均一に通ります。

【味だけではなく見た目も美味しくなる、筋切り】

お肉を焼いたときに、全体的に縮んでしまって、見た目がイマイチ…となってしまったことはありませんか??そんなことにならないために必要なのが、この“筋切り”。お肉を焼く前に、赤身と脂肪の間にある筋に数か所切れ目を入れておきましょう。厚みのあるお肉には裏面にも入れます。そうすれば、見た目も味わいも、いつもより何倍も美味しく焼きあがること間違いなし!!

【さらには筋のコーナー切り】

筋切りにはさらに、ワンランク上の技術があります。その名もまさに“筋のコーナー切り”。お肉を焼いたときに、反り返りやすい、赤身と脂肪の境目のカーブをしている部分、その部分にもしっかり切れ目を入れます。

お肉を美味しく焼くための秘伝技

【脂身の少ないお肉には、小麦粉・片栗粉でジューシーに】

鶏肉の胸肉やささみなど、脂身の少ないお肉は、一口サイズに切って、小麦粉や片栗粉を付けて焼きましょう。粉がうまみを閉じ込めて、とってもジューシーに美味しく仕上がります!

【カロリーをカットしたい…という方は皮を取ってヘルシーに】

お肉は大好き!だけどカロリーが気になる。という方は、たとえば鶏肉の皮の部分をカットすることでカロリーが40パーセントもカットできます。ヘルシー志向の方はぜひお試しください。

意外と大切な注意事項

【“塩”は焼く直前にかける!!】

下味の塩を振るタイミングはお肉のジューシーさを、とても左右させるのです!!美味しくジューシーにお肉を食べたいのなら、塩を振るのはお肉を焼く直前に。塩を振ってから時間が経ってしまうと、水分が抜けて、お肉が固くなってしまいます。普段の料理でも同様なので、ぜひ実践してみてください。

 

お肉をより美味しく食べるちょい足しレシピ

〈牛肉の和風おろしBBQ〉



あらかじめタレに漬けておくことで、味がしみ込んで、ワンランク上の味を楽しむことが出来ます。また焼肉のタレ、大根おろし、おろし生姜の相乗効果で、柔らかくジューシーに焼きあがります。

<材料>
・牛肉(ステーキ用)2枚(1枚約250g)
・焼肉のタレ1カップ(約200g)
・大根おろし100g(約1/2カップ)
・おろし生姜小さじ1
・おろしニンニク小さじ1/2


<つけあわせ>
・焼きしいたけ
・長ネギ
・にんじん
などなど


<作り方>

1. ビニール袋に焼肉のタレ・大根おろし・おろし生姜・おろしニンニクを入れて合わせ、筋切りをしたステーキ肉を30分程漬け込み、漬け込み時間で室温に戻す。
2. 網に汁気をよく拭いたお肉を乗せ、表面にうっすら肉汁が上がってきたらすぐ裏返す。3. 裏面も中央を押してうっすら肉汁が浮き上がってきたらできあがり。4. 漬けダレをさっと加熱してソースとして添える。 〈漬け焼きスペアリブ南国風〉 一晩じっくり漬けこんでおくことによって、スペアリブもジューシーに身離れもよく出来ます。南国風の調味料でいつもと一味違ったバーベキューを楽しんでみてください。<材料(4人分)> ・豚スペアリブ12本 ・焼肉のタレ2カップ(約400g) ・玉ねぎ1個 ・ココナッツミルク2/3カップ ・乾燥バジル大さじ2<つけあわせ> ・焼きかぼちゃ ・パクチー ・レモン などなど<作り方>1.ビニール袋に、焼肉のタレ・5mm位の輪切りにした玉ねぎ・ココナッツミルク・バジルを混ぜ合わせ、そこにスペアリブを加えて冷蔵庫で一晩漬け込む。2.網にスペアリブを並べ、タレをつけながら、竹串を刺して透明な肉汁が出てくるまで15分~20分じっくり焼く

お肉を美味しく調理するための“神器”2種

  • BBQのお肉を美味しく調理するチムニースターター
    【チムニースターター】
    チムニーとは日本語で煙突を指します。つまりチムニースターターとは暖かい空気が上昇気流を起こす原理を利用して、仰いだりせずに放っておくだけで、簡単に炭が燃えてくれるという、とても便利な道具です。
    出典<City Life>

  • BBQのお肉を美味しく調理する神器 水鉄砲【水鉄砲】
    水鉄砲って以外ですよね?バーベキューでの理想の火力は、炭の遠赤外線効果でじっくり焼く“遠火の強火”。しかし油っぽいお肉を焼くと、垂れた油によって火が炎上して焦げてしまいます。それだけでなく炭臭くなってしまい、本来のお肉の香りを楽しめなくなってしまいます。そんなときに、ピンポイントで炎を消すことのできる水鉄砲が大活躍するんです!
    出典<楽天市場>
 

バーベキューは後片づけをしっかりと

炭の処理にもってこいのグッズが火消しツボ。どんなにバーベキューを熟知したバーベキューマスターでも、調理の終わりと炭の火の終わりが丁度一緒に終わる、そんな高度なことは中々出来ません。また炭は土に返らないためしっかりと処理する必要があります。火消壺に入れて炭を消し、しっかりと持ち帰り処理をしましょう。

 

 

WE LOVE MEAT

お肉が大好きだ!!

関連する記事

グリルされる肉
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
mizuno aki

育児をしながらのママライター。主に、アウトドアや育児関連を執筆。バーベキューが好きすぎて、身体の65%はバーベキューでできている。現在は、バーベキューの新たなレシピを考案中。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE