こんな使い方はどう?家でも外でも使いたいコールマン×monro「INDIGO LABEL」おすすめ3選

_MPR0892

お気に入り追加

コールマン×monroの「INDIGO LABEL」が発足。異色のコラボとなった今回のアイテムがもたらすアウトドアシーンへのインパクトはかなりのもののはず。中でも人気となりそうなアイテム3点にフォーカス。コールマンとmonro、夢の対談も実現しました。

コールマンとmonroが新たなアウトドアレーベルを発足!その名も「INDIGO LABEL」

IMG_0201
梅雨の時期となり、そろそろ夏のキャンプのことを考えるこの頃。ちょうどこのような時期にアウトドアブランド、コールマンから夏を連想させるブルーが眩しい、新たなレーベルが登場しました。その名もINDIGO LABEL。驚きなのは、アウトドアに新たな価値を提案する、monroと組んだという点。

テーマは、インとアウトの境界線をなくすボーダレス。アウトドア業界で最近謳われはじめたこのテーマ、INDIGO LABELもその流れに沿ったのか、それとも今までとは全く異なる革新的なものなのか。

INDIGO LABELを象徴する3つのアイテムを紹介する前に、コールマンとmonroの担当者に話を伺いました。

コールマン×monro担当者対談。それぞれの想いとは?

IMG_0056
企画当初から密接に関わってきたお二人、コールマンマーケティング部ライフスタイルグループマネージャー山本さん(以下、山本さん)とデザイナーを務めたmonroの森さん(以下、森さん)に対談型式で、ココでしか聞けないINDIGO LABELへの想い、その先にある熱いアウトドアへの想いを語ってもらいました。

ーーー森さん、早速ですが、これまで様々なアウトドアブランドとコラボされてきたと思うんですが、なぜ今回これまでと血色の違うコールマンに話をされたのでしょうか?

森さん:東日本大震災以降、いろんな価値観が少しずつ変わって、オリジナルなライフスタイルの提案が増えてきてますよね。アウトドアブランドでも、アウトドアっていう商品の概念をちょっと崩して新しい価値観を見出している人たちにアプローチしたいのではないかと感じていたんです。

そんなときに、今年40周年という伝統もあるし多い大きな会社であるコールマンさんとなら、私たちだけではできない、新しい価値観を持った人に提案できるアイテムを作れるのではないかと思いました。

山本さんは、話を受けたときに、どう思われましたか?

山本さん:これまでのコールマンなら生み出せなかった発想がINDIGO LABELには詰まっていると思います。しかし、一方で先ほど森さんが仰っていた様に時代の流れが変わってきているのはわかっていました。そんなときにmonroさんからお話を頂いて、双方のやりたいことがベストなタイミングでマッチしたという印象ですね。

IMG_0010
monroデザイナーの森さん

ーーーシリーズのコンセプトは、monroさんの中でどのように構築されていったのでしょうか?

森さん:今までのアウトドアの概念を壊すIN&OUTという考え方、つまりはボーダレス。ニーズはここにあると感じていました。

今回このボーダレスという概念を広めるためにINDIGOをフックにしようと決めたのにはワケがあって、柄で使用しているデニムというのは、男性からも女性からも同じ目線で見られるジェンダーレスなアイテムでボーダレスだし、INDIGOというのは太古から今でも使用される、つまり時間のボーダーレス化にもなっている。日本では藍、海外ではINDIGOで知られるワールドワイドなカラーなので、すごく愛着を持ってもらえるかなと思っています。

山本さん:IN&OUTという意味でのボーダレスは、アウトドアブランドの中でも少し前からコンセプトとしてあったのですが、そこにジェンダー、文化、時間のボーダレスを加えたというのは、すごく革新的でおもしろいコンセプトだと思います。

IMG_0028
コールマンマーケティング部ライフスタイルグループマネージャーの山本さん

ーーーINDIGO LABELのアイテムを通して、どんな生活を送ってほしいですか?

森さん:IN&OUTもそうだし、親と子どもが一緒に使えるとかお母さんとお父さんが一緒に使えたりとか、みんなが愛着を持って家でも外でも使ってもらいたいですね。

そして、今回のテーブルウェアは樹脂100%ではなく天然素材のバンブーが織りこまれた素材であるという事、こういうコンセプトってすごくいいなと。ライフスタイルの中にも、本来あるアウトドアの考え方、エシカルな考え方がINDIGO LABELのアイテムを使うことによって広まっていけばと思います。


家でも外でも使いたい3つのアイテム

IMG_0110
ここからは、みなさんお待ち兼ねのアイテム紹介。ここでは、特に家でも外でも使いたい、使いやすいアイテムに絞っています。それでは、チェアにはじまりテーブルウェア、スリーピングバッグの順にチェックしていきましょう!

リクライニングチェア

_MPR0311
風が吹き抜ける少し高台にひっそりと佇む家、そんな場所にフィットしそうなレイチェア。そう思わせるのは、私たちの生活に溶け込んだアクティブなイメージのあるデニムというテキスタイルを、さらにパッチワークで表現するというアレンジが施されているからかもしれません。

IMG_0118
INDIGO LABELを象徴する、このインディゴのパッチワークは、プリントによって表現されており、アウトドアでも汚れがつきにくい仕様になっています。今までのコールマンの製造工場では試みたことない、新たなチャレンジだったとか。

こういったところからも、コールマンがINDIGO LABELに懸ける意気込みが伝わってくる一品です。

IMG_0113
もちろん”家でも外でも快適に過ごせるアイテム”というからには、デザインだけでなく機能にまでこだわりが。このレイチェアは肌触りを良くするためにウッド製の肘掛けになっているだけでなく、3段階のリクライニング機能付き。背もたれの絶妙な角度が快適な時間を演出してくれます。

家では姿勢良く食事を、太陽の下ではリクライニングさせてゆったりした時間を過ごしたくなるチェアですね。

【スペック】
<レイチェア>
使用サイズ:約61×70×98(h)cm
収納サイズ:約25×15×89(h)cm
重量:約3.7kg
材質:シート/ポリエステル フレーム/アルミニウム、スチール、他
座面幅:約50cm
耐荷重:約80kg
付属品:収納ケース
レイチェアの詳細はこちら!!

テーブルウェア

_MPR0107
プラスチックのテーブルウェアなんて家使いにはふさわしくない、なんて声が聞こえてきそうですが、このテーブルウェアにはバンブー素材が混合されており、シックな風合い。陶器やガラス製と併用しても何ら違和感はないでしょう。

IMG_0130
外で使ってみても、料理が映えるブルーのチックフラワー柄をあしらったデザインは、どこかエスニックで、今までのアウトドア用のテーブルウェアとは一線を画していることはご覧の通り。

IMG_0151
適度な深さのある口径14cmの器に、シンプルなデザインだからこそ使いやすいマグ。そして、深型がうれしい楕円形のラージプレートとサークル型のラティスプレートは、内側にもチックフラワーのデザインが施されており、料理をさらに美味しく魅せてくれるだけでなく、豪快なアウトドア料理にも対応できる広口タイプです。

【スペック】
素材:メラミン、竹繊維
耐熱温度:約100℃
<IL ラティスプレート (フラワー)>
サイズ:約ø25×2.5(h)cm
重量:約200g
詳細はこちら!!
<IL ラティスオーバルプレート (フラワー)>
サイズ:約24X17X4.5(h)cm
重量:約260g
詳細はこちら!!
<IL ラティスボウル(フラワー)>
サイズ:約ф14X5(h)cm
重量:約120g
詳細はこちら!!
<IL ラティスマグ(フラワー)>
サイズ:約ф9.5X6(h)cm
重量:約100g
詳細はこちら!!


寝袋・スリーピングバッグ

_MPR0413
もはやおしゃれな掛け布団と見間違えそうになる、シュラフの域を超えたデザインの「IL パフォーマー/C5」。重量は1600gと軽く、家使いなら春から夏、そして秋と3シーズンで手放せなくなりそうです。

IMG_0159
ベッドから起きたら、高いコンパクト性を活かして収納ケースにイン!そのまま車に放り込んでしまいましょう。キャンプ場に着いたら、テントの設営を早々に終わらせIL パフォーマー/C5を広げれば、それだけでおしゃれなキャンプサイトに早変わり。

ちなみに、テント内をもっとおしゃれに彩りたいなら、テントはINDIGO LABELから発売されているタフワイドドーム Ⅳ/300。そしてラグ代わりに、写真にも写りこんでいるブルーとホワイトのボーダー柄が爽やかな夏を演出してくれる、INDIGO LABELオリジナルファブリック&柄のピクニックレジャーシートがおすすめ。

IMG_0177
テーブルウェアにもあしらわれていたフラワー柄のINDIGOカラーは、さきほどの対談にもあったようにワールドワイドなカラー。そのためデザイナーの森さんは、

東洋でも西洋のものでもないデザインにしたかった。西洋人がエスニックな柄を作るとこんなデザインになるのではないか、そんなイメージを膨らませながらこのデザインが完成しました。

とデザインに隠された想いを教えてくれました。このIL パフォーマー/C5を、東洋人である私たちが使ったとすれば、地域や文化を超越した、まさにワールドワイドなアイテムとなりそうですね。

【スペック】
<IL パフォーマー/C5>
サイズ:84(W)X190(H)
収納サイズ:25(W)X43(H)
重量:1,600g
素材:ポリエステル
IL パフォーマー/C5詳細はこちら!!

INDIGO LABELで、すべてをボーダレスに

IMG_0105
“IN&OUT”とは、INDIGO LABELの掲げるほんの一部。本当に目指している場所は、ジェンダーレスでありいつでも使える普遍的なもの、そしてワールドワイドにあらゆる場所で使用されるアイテムである、ということだったのです。

これからも新たなラインナップが続々と登場する予定とのこと。今年はINDIGO LABELから目が離せそうにありませんね!

リクライニングチェア<レイチェア>詳細はこちら
テーブルウェア
<IL ラティスプレート (フラワー)>詳細はこちら
<IL ラティスオーバルプレート (フラワー)>詳細はこちら
<IL ラティスボウル(フラワー)>詳細はこちら
<IL ラティスマグ(フラワー)>詳細はこちら
スリーピングバッグ<IL パフォーマー/C5>詳細はこちら

 

 sponsored by コールマン

CAMP HACK 編集部 Written by CAMP HACK 編集部 CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。

2016年7月27日

フォロー

CAMP HACKをフォローして最新キャンプ情報をゲット!

PAGE TOP