ファミリーキャンプのお悩みあるある4選!その解決アイテムに注目!

ファミキャンのお悩みあるある特集!ファミリーキャンパーなら共感間違いなしの、子供のやんちゃ行動。それらを解決する救世主アイテムとともにご紹介します!今年のファミキャンは、子供の成長を感じさせるキャンプにしてみませんか?


ファミリーキャンプ、ストレスなく楽しめていますか?

2225_640_640
大人も子供も楽しめる魅力満載のファミリーキャンプですが、子供がいるとなるとハプニングやトラブルがつき物。自由すぎる子供たちの行動に、ついイライラしてキャンプ場で怒り爆発!なんて経験のあるパパ・ママもいるのでは?今回は、そんな思いをせずにノンストレスでファミキャンを成功させるコツを教えちゃいます!

ファミキャンを成功させるには…子供の行動を頭に入れておくべし!

kodomojiyuu2
子供とは、時に大人の予想をはるかに裏切るほど自由な生き物です。ましてや開放感抜群のキャンプ場では、ほぼ無敵。なだめても正論が通用せず疲れて終わるだけの可能性もあるため、ここはキャンプ場で子供がやりがちな行動を把握しておき、”自由すぎる事態”を受け入れる度量を持っておきましょう!

ファミキャンで親が頭を悩ます4つのあるある

1:テントの中に土足で入って大暴れ
_O5O9163_DxOFP
一発目はいきなりパンチのある、まさかのテント内土足!見つけた瞬間卒倒しそうです。この勢いでマットレスを破裂させられた親御さんも、いるとかいないとか…。



2:おもちゃを持ってくる
omocha
ダメと言っても聞かないのが子供。「お気に入りのおもちゃは、いつも一緒!」の勢いで、キャンプ場にもおもちゃを持ち込みがちです。土まみれのおもちゃをまた家に持ち帰るのも、正直気が引けますよね…。

3:どこかに行っちゃう
dokka
特に男の子にありがちですが、今の今まで隣にいたはずがふと目を離した隙に逃走しているなんてことも!自分でいなくなっておきながら、見つけた時に逆ギレしてくるツワモノもいたりと、厄介です。

4:ペグ打ちをしたがる
pegu
パパのペグハンマーを「貸して!」と奪ってペグ打ちをしたがるお子さん、いませんか?たてるときは一切手伝わず、最後のペグ打ちになると近寄ってくるという要領の良い子供も…。重いペグをよそ見しながら叩いていたりと、見ちゃいられません。

こういった子供の自由行動を頭に入れておきつつ、対策をとるのが大人。これらの問題をすべて解決してくれる、救世主アイテムをご紹介しましょう!

解決方法:子供用の”キッズテント”を導入しちゃおう!

eyecatch
そうです、いっそのことサイト内に子供用のテントをたてちゃえばいいんです!子供のころ、秘密基地で遊んだ記憶はありませんか?あの感覚です。

イチオシはコールマンのキッズドーム!

2000027984
あのコールマンにキッズテントがあるんです!子供用ながらインナー+フライシートと本格的な構造で、電池ライトを吊り下げるフックと小物を閉まっておけるメッシュポケット付き。キッズテント、子供は確実に喜ぶうえに親的にもメリットはたくさんあるんですよ。
キッズドーム/180詳細はこちら



メリット1:「大きなテント+ちびテント」でサイトがかわいくなる!
otonatochibi
並べてたてるとこんな感じです。大きなテントの横にキッズテント、可愛らしいですね。簡単にたてられるので、パパの真似をしてポールを通したりペグを打ったり。子供もいっちょまえのキャンパー気分!?

メリット2:おもちゃをたくさん入れておける
ireteokeru
お気に入りのおもちゃもキッズテント内で遊べば汚れずに済むうえ、ここに入れておけば無くなる心配もありません。大人がメインのテントをたてている時に子供はキッズテントで遊んでいてくれれば、フラフラどこかへ行ってしまう心配もなく、設営もスムーズ!

メリット3:土足OKに!
dosokuok
靴の脱ぎ履きが面倒という子供と、テントを汚されたくないという親心。どちらのストレスも軽減できるよう、キッズテントだけは土足OKにしてしまうというのもアリですね。

キッズテントでファミリーキャンプをもっと楽しく!

_O5O9254_DxOFP
時に度が過ぎるとはいえ、やはり子供は自由であってほしいもの。キャンプ場でのびのびと遊ぶ子供達を見られるのは、ファミリーキャンプ最大の醍醐味!大人も子供もストレスなく楽しむために、またキャンプをもっと盛り上げるアイテムとして、キッズテントを取り入れてみませんか?

コールマン キッズドーム/180
2000027984
【スペック】
インナーサイズ:180×120×90(h) cm
収納時サイズ:約ø12×54cm
材質:フライ/68Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)耐水圧約1,000mm インナー/68Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)耐水圧約600mm フロア/210D ポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)耐水圧約1,000mm ポール/メイン FRP 約ø6.9 mm バイザー FRP 約6.0 mm
重量:約1.9kg
仕様:メッシュドア、メッシュポケット、ランタンハンガー
付属品:ペグ、ロープ、キャリーバッグ ※ハンマーは付属しておりません

子どもが自分でたてて泊まれる、子ども用サイズの秘密基地テント。2本のポールでたてるだけの簡単設営、風が通りやすく涼しいハーフフライ構造。
キッズドーム/180詳細はこちら

 

sponsored by コールマン

CAMP HACK 編集部
CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。キャンプに行きたいけど、なかなか行けていないのが今の悩み。編集しながら、こっそり今年はどんなキャンプスタイルをするか模索中。今年の目標は、いくつかギアを新調して思いっきりキャンプを楽しむこと。